施設内メニュー

小林一三 年譜

小林一三年譜

年代 年齢 出来事
1873年(明治6年) 出生 1月3日、山梨県北巨摩郡韮崎町(現、韮崎市)に生まれ、その月日により一三と名付けられた。
1888年(明治21年) 15歳 慶應義塾に入学。
1890年(明治23年) 17歳 小説『練絲痕』を「山梨日日新聞」に連載。
1892年(明治25年) 19歳 慶應義塾を卒業する。
1893年(明治26年) 20歳 「上毛新聞」に小説『お花団子』を連載。新聞社への入社が実現せず三井銀行に入行する。
1907年(明治40年) 34歳 三井銀行を退職、箕面有馬電気軌道株式会社創立の追加発起人となる。
専務取締役に就任。
1908年(明治41年) 35歳 豊能郡池田町(現・池田市)に転居。
1914年(大正3年) 41歳 宝塚少女歌劇初公演。
1927年(昭和2年) 54歳 3月10日 阪神急行電鉄取締役社長に就任。
1928年(昭和3年) 55歳 3月、東京電燈副社長に就任(1933年社長)。
1929年(昭和4年) 56歳 阪急百貨店竣工、開業。
1932年(昭和7年) 59歳 株式会社東京宝塚劇場創立、取締役社長に就任。
1935年(昭和10年) 62歳 欧米視察の旅につく。
1936年(昭和11年) 63歳 池田五月山山麓に自邸「雅俗山荘」を竣工する。
1937年(昭和12年) 64歳 釜山に渡り、朝鮮半島、中国北部を視察。
1940年(昭和15年) 67歳 日伊修交、並びに両国間商議のため、遣伊経済使節を仰せ付けられる。
帰国後、商工大臣に就任。蘭領印度特派使節に任命される。
1945年(昭和20年) 72歳 幣原内閣の国務大臣兼戦災復興院総裁に就任
1951年(昭和26年) 78歳 公職追放解除。東宝社長就任。
1952年(昭和27年) 79歳 欧米映画視察。
1956年(昭和31年) 83歳 新宿・梅田コマスタジアム設立。11月池田市名誉市民に推される。
1957年(昭和32年) 84歳 1月25日、急性心臓性喘息のため急逝する。

逸翁白梅茶会

毎年1月25日、逸翁の祥月命日にあたるこの日に、逸翁白梅茶会を、 小林一三記念館内にある茶室「人我亭」において、 逸翁美術館の収蔵品を使ったお道具組で開催いたしております。
当日はどなた様でもご参加いただけます。お気軽にご参加ください。(予約制)