お知らせ

【新型コロナウイルス、各種ウィルス感染予防の対策について】

ご来場のお客様に安心してコンサートをお楽しみいただけるよう、
新型コロナウィルス、各種ウイルス感染予防のため、
次の対策を実施いたしております。
何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

【従業員の取り組み】
阪急文化財団では、出勤前の検温等、全ての従業員への健康管理の実施し、体調不良の場合は、出勤を停止している他、ホール担当者は、以下の事にも、取り組んでおります。

 

○マスクの着用を義務付けております。
○一部従業員の手袋、及びゴム手袋の着用
○従業員の手洗い・手指消毒・うがいの徹底
○受付の飛沫感染防止用ビニールシートの設置、一部従業員の
フェイスガードの着用。
○ホール入口・ロビー等施設内に消毒液を設置

【ホール内における取り組み】
○状況に応じ、ホール入口にて、非接触での検温をさせていただく場合がございます。
また、検知結果によっては再度体温測定をさせていただき、
37.5度以上のお客様のご入場はお断りいたします。予めご了承くださいませ。
○ソーシャルディスタンス(フィジカルディスタンス)の確保のため、お客様同士の空間をできる限り広くとっていただけるよう、定員を大幅に減らし、配席を変更しております。
○間隔をあけた入退場を行わせていただきます。係員の指示に御協力下さい。
○ホール内の椅子等のお客様の手が触れる箇所の消毒・清掃の強化にさらに取り組みます。
○お会計時の、キャッシュトレーの使用にご理解をお願い致します。
○ホール内の空調にて換気を強化しております。その為、風量が強くなります。
併せて休憩時間を利用して、扉を開け、更に換気を行います。
※)こまめな換気をすることで、ホール内の温度が通常より上昇、
及び低下する場合がございますので、ご自身での暑さ、寒さへの備えをお願い致します。
○コインロッカーのご使用、及び、受付でのお荷物のお預かりを休止させて頂きます。
なるべく軽装でご来場下さい。
○ホールご入場時、チケットは、お受け取りせず、目視のみ(又は捺印)で確認させていただきます
(再入場の際もご呈示頂きます)