予告
2024展示IV

漆芸礼讃 -漆工・三砂良哉-

期間:2024年9月21日(土)~11月24日(日)

 三砂良哉(みさご りょうさい・1887~1975)は、大正から昭和にかけて活躍した漆芸家です。西宮で代々酒造業を生業としていた家に生まれましたが、幼少期に日本画家・守住貫魚に私淑し日本画を学んだ後、明治30年代には漆芸の道に入りました。大阪府工芸協会に所属し、大阪府工芸展覧会などに出品を重ね、大阪を代表する漆芸家の一人として活躍しました。その後、昭和4年(1929)に小林一三が創立した在阪の工芸作家による「阪急工美会」の幹事、昭和13年(1938)には、武者小路千家 十二代家元 愈好斎宗守及び木津聿斎が組織した「清技会」にも名を連ねています。寡作な作家ではありませんでしたが、未だ高い評価を得られていません。しかし絵画的で精妙優美な作風で知られ、遺っている作品は技術力の高さだけでなく、創作性・デザイン力に満ちあふれています。愈好斎をはじめ、清海泰堂など武者小路千家の茶人や、小林一三に好まれたのもうなずけます。
 小林一三と三砂良哉がいつ出会ったのか、明治42年頃には知遇を得ていたことが近年の研究で判明しましたが、不明な点も残っています。しかし良哉はたびたび池田を訪れており、一三の好み物を多く手がけました。
 本展では三砂良哉を大々的に取り上げる日本で初めての展覧会です。天才的な技術を持ちながらも世に知られなかった悲運の漆工・三砂良哉、その漆芸の粋を集めた作品をぜひご覧ください。

2024_4thumb.jpg
黒地百合蒔絵螺鈿中次
会期

2024年9月21日(土)~11月24日(日)

休館日

毎週月曜日
ただし9月23日・10月14日・11月4日開館、9月24日・10月15日・11月5日休館

開館時間

10:00~17:00(入館受付は16:30まで)

講演会

武者小路千家 家元後嗣 隨縁斎 千宗屋 氏
演題 「好み物を楽しむ -茶人と職人の共同作業」

日時 2024年10月14日(月・祝)14:00~15:30
会場 逸翁美術館内マグノリアホール
料金 聴講無料、要当日観覧券
定員 100名 申込多数の場合は抽選
申込方法 右記Webフォーム 受付開始までしばらくお待ちください
申込期間 2024年9月3日(火)10:00 ~ 9月13日(金)17:00まで
抽選結果 2024年9月18日(水)に当落にかかわらずご連絡します
※阪急文化財団友の会会員優先枠あり

鑑賞講座

担当学芸員が作品の魅力、見どころなどを解説します

演題 「知られざる名工 三砂良哉 -生涯と遺された作品の魅力を語る」
講師 宮井肖佳(本展担当・主任学芸員)
会場 逸翁美術館内マグノリアホール
料金 聴講無料、要当日観覧券
定員 各回80名 先着順
申込方法 下記Webフォーム
《一般》各回とも 2024年8月20日(火)10:00より受付開始
《阪急文化財団友の会会員》各回とも2024年8月14日(水)10:00より受付開始

日時 両日とも同じ内容です
 ◆2024年9月23日(月・祝)10:30~12:00
  Webフォーム 受付開始までしばらくお待ちください
 ◆2024年11月16日(土)10:30~12:00
  Webフォーム 受付開始までしばらくお待ちください

展示作品

黒地百合蒔絵螺鈿中次
黒地歌劇雛祭楽譜蒔絵棗 逸翁好
桐木地鳳凰文蒔絵棗 愈好斎好
スペイン扇子蓮弁文蒔絵香合
黒地光琳写杜若蒔絵茶杓筒
黒地菊桐蒔絵炉縁
黒地鶴蒔絵菱盆
桜木地落花流水文蒔絵小吸物椀
黒地蜜柑蒔絵手箱  ほか

展覧会図録

2024年9月刊行予定

観覧料

一般 1,000円
大・高生 800円
中学生以下 無料

アクセス

阪急電鉄宝塚線 池田駅から北へ徒歩約10分、詳細はこちら

特別協力

武者小路千家・公益財団法人 官休庵

主催

公益財団法人 阪急文化財団

お問い合わせ

公益財団法人 阪急文化財団 逸翁美術館
TEL 072-751-3865