逸翁美術館

施設内メニュー
2013春季展

「小林一三生誕140周年記念Ⅰ復活!不昧公大圓祭-逸翁が愛した大名茶人・松平不昧-」

期間:2013年4月6日(土)~6月2日(日)

本年平成25年(2013)、小林一三(逸翁)生誕140年を迎えたことを記念し、春秋二部構成で、
近代茶人でもあった逸翁の茶人としての姿を浮かび上がらせる展示を開催することとなりました。
 まず、第一部では阪急文化財団と読売新聞社が共催で、逸翁が最も敬愛した大名茶人である
松平不昧を採り上げます。
 不昧は出雲松江藩の第7代目当主で、江戸時代を代表する大名茶人の1人です。不昧が茶道
界に残した足跡は大きく、『古今名物類聚』の刊行や、不昧が集めた道具帖、いわゆる雲州蔵
帳はあまりにも有名です。
 昭和29年(1954)4月、阪急百貨店6階にあった古美術街では、全街を挙げての催しものとして
「不昧公大圓祭」を 開催しました。この古美術街では、逸翁の肝入りで百貨店内に日本で初めて
作られ、誕生は昭和7年(1932)にさかのぼります。「不昧公大圓祭」は、島根県や松江市からの
要請もあり実現した展覧会で、かつてない規模で開催されました。島根からの出品物の他、古美
術街や雑誌「日本美術工芸」編集部の協力のもとに、不昧の好みものや、縁の作品などが展示
されました。逸翁はこの催しに非常に強い感銘を受け、自著『大乗茶道記』に詳細な記録を残し
ました。
 この度のは「不昧公大圓祭」において当時出品された作品を中心に、逸翁の収集した不昧に縁
のある作品を展示し、逸翁の茶道観に迫ります。

※ 目録はこちらから。(サイズ1.4MB pdf)

2013haruakachawan1
2013harumizusasi1
会 期 2013年4月6日(土)~6月2日(日)
休館日 毎週月曜日(ただし4月29日・5月6日開館、4月30日・5月7日休館)
開館時間 10時~17時(入館受付は16時30分まで)
入館料 一般1,000円(小林一三記念館との共通券)
シニア(65歳以上)の方700円、大・高生600円、中・小生以下無料
講演会 1)2013年4月20日(土)14時~
「松平不昧の時代と茶の湯」
講師 熊倉 功夫氏  静岡文化芸術大学学長

2)2013年5月18日(土)14時~
「大名茶人 松平不昧公 その数寄道こぼれ話」
講師 藤間 亨氏  出雲文化伝承館名誉館長

※入館者聴講無料、13時より座席券配布、先着120名
ギャラリートーク 2013年4月27日(土)、6月1日(土)
いづれも14時より担当学芸員による展示解説
会期中の毎週土・日・祝日 お茶を呈します。(一服500円、受付は11時~15時)
主 催 公益財団法人 阪急文化財団・読売新聞社
※お問い合わせ 072-751-3865