逸翁美術館

施設内メニュー
2014春季展 宝塚歌劇100周年記念

「美のカリスマ-歴代タカラジェンヌのアトリエ-」

期間:2014年4月5日(土)~6月8日(日) 前期 :4月5日(土)~5月6日(火) 後期 :5月8日(木)~6月8日(日)

5月8日(木)から後期展覧会が始まりました。展示作品のほぼ大幅入れ替えを行っております。

宝塚歌劇100周年を記念し、今回は逸翁美術館でもタカラヅカの世界を紹介します。

各時代の個性豊かなタカラジェンヌたちは、華やかな舞台に一際映える化粧を施し、さまざまな役を演じます。力強い凛とした男役や、柔らかい空気を醸 し出す可隣な娘役、華やかであったり、清楚であったりと、タカラジェンヌの"美"へのこだわりがいろいろな表情を生み出します。

日本物作品では、美しい筆遣いで引く眉やアイラインが日本画を思わせ、洋物作品では、陰影を細密に描き出し、まるで彫刻のようなお化粧が油彩画を思 わせます。もちろん顔だけでなく、全身からあふれる空気を描き出すことにも努力を惜しみません。自らに刺激を与えるあらゆるものをとらえ、揺るぎない信念 を持って表現することで、美意識が研ぎ澄まされてきたのでしょう。

本展では、宝塚歌劇100年の歴史を支えた「白薔薇のプリンス」春日野八干代と、男役の象徴として現在も活躍し続ける轟悠を中心に、「美のカリスマ」たちの作品を一堂に集めました。華麗なる舞台姿とあわせて、歴代タカラジェンヌのアトリエヘと誘います。

会 期 2014年4月5日(土)~6月8日(日) [前・後期で展示替えがあります]
前期 : 4月5日(土)~5月6日(火)
後期 : 5月8日(木)~6月8日(日)
主な展示品 春日野八干代(彩墨画・書)、轟悠(油彩画)、冨士野高嶺(日本画)、
甲にしき(墨絵)、稔幸(油彩画等)、花園ゆかり(きもの)、涼紫央(筆絵)、
星風エレナ(イラスト)、真白ふあり(イラスト) 他
※ 目録はこちら。(PDF.1.52MB)
ギャラリートーク 4月13日(日)、5月17日(土) いずれも午後2時~。 担当学芸員による展示解説
イベント 《 轟悠スペシャルトークショー 》
日 時 5月25日(日) 午後2時~
出 演 宝塚歌劇団 専科 轟悠(とどろき ゆう)
会 場 マグノリアホール(逸翁美術館内)
料 金 3,000円(展示観覧料含む) ※要事前申込

            ※詳しくはこちら。

休館日 毎週月曜日(但し5月5日は開館)、5月7日(水)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般1,000円(小林一三記念館・池田文庫との3館共通券)
シニア(65歳以上)の方700円、大・高生600円、中・小生以下無料
主 催 阪急文化財団 ・ 毎日新聞社
協 力 宝塚歌劇団 ・ 株式会社宝塚舞台 ・ 株式会社阪急コミュニケーションズ
お問い合わせ 公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館
TEL 072-751-3865  FAX 072-751-2427