逸翁美術館

施設内メニュー
2015早春展

「神さま仏さま ―祈りの美術」

期間:2015年1月17日(土)~3月15日(日)

歴史上、どれほど多くの人たちが「神さま」「仏さま」と唱えて、助けを願い、救いを求めたことでしょう。それは計り知れません。そうした神さまや仏 さまは、図や像に造形化されて、私たちは身近に礼拝することができる対象物を得ました。人々の思いが深められ、願いが誠実なものになればなるほど、図や像 は麗しく飾られ、その奇跡を伝える表現には現実味が求められるようになりました。

本展では、仏教・神道・キリスト教関連の絵画や彫刻・工芸品を陳列します。作品に凝らされた様々な造形上の工夫には、時代や国を超えたたくさんの 人々の祈りや願いが覗われます。かつての人たちが図や像を見つめた同じ眼差しを共有して、私たちもまたその祈る心を理解したいと思います。

会  期 2015年1月17日(土)~3月15日(日)
主な展示品 仏教   仏像  金銅観音並立像               開皇九年(589)在銘
仏画   地蔵菩薩十王図                14世紀
経巻   雙観無量寿経  巻上            天平六年(734)聖武天皇勅願経
神道        渡唐天神像画賛  近衛信尹         16世紀
キリスト教      最後の晩餐    マールテン・ド・フォス 16世紀
※ 目録はこちら。(pdf:約1.2MB)
ギャラリートーク 2015年1月24日(土)、3月7日(土) 各日午後2時から担当学芸員による展示解説
講演会 《仏像きらきらし-金銅仏の魅力にせまる-》
日 時 2015年2月14日(土) 午後2時~
講 師 藤岡 穣氏(大阪大学大学院教授)
会 場 マグノリアホール(逸翁美術館内)
※入館者聴講無料・午前10時より座席券配布 先着120名
鑑賞講座 Ⅰ. 《恐い仏様・優しい仏様 尊像に様々な形姿があるのはなぜ?》
日 時 2015年2月8日(日) 午後2時~
講 師 仙海 義之(阪急文化財団学芸課長)
会 場 マグノリアホール(逸翁美術館内)
※入館者聴講無料・午前10時より座席券配布 先着120名

Ⅱ. 《神になった菅原道真 ―天神信仰の背景―》
日 時 2015年2月20日(金)午後2時~
講 師 伊井春樹(阪急文化財団理事・館長)
会 場 マグノリアホール(逸翁美術館内)
※入館者聴講無料・午前10時より座席券配布、先着120名。
イベント 《男声によるアカペラグループ「ジパングコンソート」@マグノリア》
日 時 2015年3月7日(土)午後4時~
料 金 一般3,000円(全席自由)※要申し込み。
※詳細はこちらをご覧ください。
休 館 日 毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般1,000円(小林一三記念館との共通入館券)
シニア(65歳以上)の方700円、大・高生600円、中・小生以下無料
主 催 公益財団法人阪急文化財団
※お問い合わせ 公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館
TEL 072-751-3865  FAX 072-751-2427