阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

2011秋季展ギャラリートーク1回目

ついさっき、この秋季展第1回目のギャラリートークを終えました。

微妙な天気の中、お集まりいただいた皆様に感謝です!

 

2011.10.22

 

トーク中風景です。

・・・私は埋もれてて見えません(笑)

 

ここは、当館所蔵の「大江山絵詞」下巻の、

酒呑童子が首を斬られる場面の前ですね。

壁に貼ってあるのは、写真パネルです。

当館の「大江山絵詞」とサントリー美術館さんの「酒伝童子絵」、

両絵巻の同じ場面の描かれ方の違いや、

お話の違いなどを、説明させていただきました。

楽しんでいただけていればいいのですが。

 

次回は11月19日(土)午後2時からです。

今度は後期期間中なので、「芦引絵」と徳川美術館さん蔵の「青蓮院稚児草紙」が展示されています。

「鬼退治」から「稚児物語」へ。

かなり雰囲気の違う展示室になるんじゃないか、と思っています。

「稚児物語」はなかなかトークするのが難しい題材ですけどね。

少しでも楽しんでいただけるように、原稿用意しておきます!

=========================

「大江山絵詞」と「酒伝童子絵」が見れるのは、明日23日(日)まで!

25日からは、後期展示になりますよ。

詳しくはこちらから →「絵巻 -大江山酒呑童子・芦引絵の世界-