阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

逸翁忌

ぎゃ、更新が2カ月近くも空いてしまいました・・。

すみません(汗)

 

さて、1月25日(火)は、毎年恒例の「逸翁忌懸釜」でした。

今年で、なんと54回目を迎えるわけです。

今年は、裏千家の佐藤宗紀先生とそのお社中の皆様にお願いいたしました。

佐藤先生は、旧館にいたころのお呈茶でお世話になっていた先生です。

 

 

ituouki2011

ばばーんと、正門に看板が。

今年は天候に比較的恵まれたおかげで、

寒さにガクガクブルブルすることも少なかったので、良かったです。

今年も大きな混乱もなく、300人を超えるお客様に御来館いただき、

逸翁愛蔵のお道具でお茶を楽しんで頂きました。

来年も10月頃から申込みを受付けますので、

皆様、どうぞ忘れずにお申し込みくださいね☆

来年は武者小路千家の木津先生が御担当です。

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。

 

只今は、古筆の展覧会を開催中です。

「え、古筆ってよくわかんないから・・・」

とか敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、

料紙の美しさや、流れるような文字の美しさなど見所満載!

 

また、2月6日までが前期展示ですが、

ここでは、藤田美術館さんと白鶴美術館さんからお借りした、

古筆手鑑(古筆切をいっぱい貼りこんだアルバムのようなもの)は、

この前期展示までしか見ていただけません!

ほんとうに、貴重な手鑑ですから、どうぞお見逃しなく。

◆早春展「古筆と平安の和歌 -料紙と書の美の世界―」3月6日まで開催!