阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

秋季展「近現代絵画サロン 情熱と想像のコンチェルト」

itsuo_a4_omote_160725_ol

さて今日は、9月10日(土)から開催予定の「近現代絵画サロン 情熱と想像のコンチェルト」というタイトルの秋季展についてご案内します。

この展覧会、まずポスタービジュアルがいつもの逸翁美術館とはひと味違うと思いませんか?絵画の配置といい配色といい、そして何よりタイトルも!

タイトルの「コンチェルト」とは、協奏曲という意味で、この展覧会に出品する35人の画家たちの個性が奏でる様々な音色のことをいいます。

35人の画家のうち一部を紹介しますと、

ジェルジュ・ルオー、モーリス・ド・ヴラマンク、パブロ・ピカソ、アンドレ・ロート、モイズ・キスリング、熊谷守一、長谷川潔、荻須高徳、田村孝之介、小磯良平、三岸節子、有元利夫、織田廣喜、池田満寿夫・・・etc.

といった有名な画家の方々の作品を、逸翁美術館で初公開します。

また講演会は、

11月23日(水・祝)午後2時より、「小磯良平と同時代の画家たち―フランス絵画への憧れ」と題して、神戸市立小磯記念美術館キュレーターの廣田生馬氏にご講演いただきます。どんなお話しが聞けるのか楽しみですよね!

ギャラリートークは10月8日(土)と29日(土)の何れも午後2時より展示室で開催します。

 

普段とはちょっと(大分?)違った展覧会、どんな展示になるのか、どうぞ御期待ください!

(学芸員A)