阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

友の会見学旅行2014開催いたしました♪

昨日10月25日(土)、今年度の友の会見学旅行を遂行いたしました。

今回は「阪神間モダニズムを訪ねて」をテーマに、
阪神間にある近現代建築である、「ヨドコウ迎賓館」「甲子園会館(旧甲子園ホテル)」と、
私立の美術館では日本で3番目の歴史を誇る「白鶴美術館」にお邪魔しました。

昨年は台風の影響が心配されるような天候だったのが、
昨日はまさに秋晴れ!絶好の行楽日和でやや暑いくらいでしたね。

まず最初は「白鶴美術館」へ。
白鶴美術館さんは今年で80周年を迎えられます。

逸翁よりも先輩世代の茶人である白鶴酒造7代嘉納治兵衛氏の収集品を保管公開されている美術館で、
当時のままの建物がなんとも趣きのある美術館さんです。

至る所に「鶴」があしらわれているのも素敵ですね。
学芸員の海原さんに説明頂き、お昼ご飯は「ホテル竹園芦屋」のレストランで松花堂弁当を召し上がっていただきました。
随行員は別のところでランチを頂きましたが、
ちらっと拝見する限り、大変豪華なお弁当で、お客様にも好評でよかったです。

お昼からは、まずは芦屋にある「ヨドコウ迎賓館」さんへ。
お忙しい中、館長様に色々とご説明いただき、見所などを把握した上で館内へ。

DSC_0360

当時の趣きをほぼそのままに残されていらっしゃるので、
中に入ると迷路みたいな作りにびっくりしました。
屋上から大阪湾を望む景色も本当に素晴らしかったです!

そして最後の目的地である「甲子園会館(旧甲子園ホテル)」さんへ。
こちらでは2班にわかれてそれぞれ御案内いただきました。
現在は御承知の通り、武庫川女子大学がキャンパスとしても使用されているため、
キャンパスとして改装された部分と当時のままの趣きの部分とが何とも言えない魅力でした。
(残念ながら写真掲載はNGなので、興味がある方は甲子園会館のHPでご覧ください)

そして最後は、懐かしのバターケーキとドリンクでティーブレイクしていただいて、全行程終了です。
今回も無事に終了できてほっと安堵しました。

阪急文化財団友の会では、毎年1度このような見学旅行を企画し開催しています。
是非ご入会いただき、お楽しみいただければ幸いです。