マグノリアホール

施設内メニュー
主催公演

ジパングコンソート@Magnolia

公演日時 2015年3月7日(土)16:00開演(15:15開場)

逸翁美術館|2015早春展 神さま仏さま~祈りの美術~

ジパングコンソート@Magnolia

 

逸翁美術館2015早春展の関連イベントとして

アカペラの男声ヴォーカルアンサンブルグループ「ジパングコンソート」が

マグノリアホールに登場します!

彼らの発する声の芸術と、ホールの響きの融合をお楽しみ下さい!

 

  

 

【開催日時】

2015年3月7日(土)16:00開演(15:15開場)

 

【出演】

ジパングコンソート ZipangConsort

納多 正明/カウンターテナー

橋本 賢悟/カウンターテナー

向井 正宏/カウンターテナー

岡本 雄一/テノール

橋本 俊詔/バリトン

山本 佳人/バス

 

1986年結成。アカペラのボーカルアンサンブルグループ。

活動テーマは「音楽を分かち合う」。

声楽の各方面でソリストとしても活動しているメンバーにより編成されており、活動初期はルネッサンス音楽が

レパートリーの中心だった。その後、アカペラにアレンジされた世界民謡や愛唱歌、日本の抒情歌、ビートルズや

カーペンターズなどのポピュラー音楽も積極的に取り組むようになり、クラシック音楽の枠にとらわれない幅広い

ジャンルの音楽をレパートリーにしている。

通常の混声合唱で女声が担当するソプラノやアルトは、カウンターテナーと呼ばれる男声によって歌われ、

ジパングコンソートでは全てのパートが男声のみで編成されている。結成10周年にあたる1996年に、

男声六重唱に編曲された高田三郎作曲の混声合唱組曲『水のいのち』をピアノ伴奏で初演。

京都バロックザールでの演奏では青山音楽賞奨励賞を受賞。そのライブ盤がファースト・アルバムとなり、

1998年にセカンド・アルバム『日本の風景歌』、サードアルバム『異国の風景歌』をリリースした。

1998年4月には後援会”ジパングコンソート友の会”が設立。

毎年、夏と冬に一度ずつ定期演奏会を開催している。

 

【曲目】

W. A. モーツァルト作曲/「アヴェ・ヴェルム・コルプス」ほか

※曲目は予告なく変更致します

 

【料金】

阪急文化財団 友の会会員 2,500円【会員様のみ】

               一般 3,000円

(全席自由)

※未就学児のご入場はお断り致します。

 

【主催・問い合わせ】公益財団法人 阪急文化財団

         逸翁美術館 072-751-3865(10:00~17:00)

         


 

【チケットお申し込み方法】

氏名・郵便番号・住所・電話番号(FAXの方はFAX番号)公演名・公演日、枚数をご記入の上、下記までお申込みください。

(御電話では受け付けておりません)


メール     itsuo-magnoliahall@hankyu-group.jp

FAX       072-751-2427

往復はがき  〒563-0058 池田市栄本町12-27「ジパングコンソート@Magnolia」係

 

【お申し込みの方へのお願い】

●お申込頂きました方法で、こちらから座席券引換証を返信させて頂きます。

●携帯メールでお申し込みの方は上記のアドレスからの返信となります。必ずドメイン指定を解除願います。

●FAXでお申込みの方は、必ず返信用のFAX番号をお書き添え下さい。

●返信には数日お時間を頂きます。お申し込みから5日以上経っても返信のない場合は御連絡下さい。

●枚数のご変更、キャンセルなどは必ず、コンサート前日までにお知らせ願います。

●当日のキャンセルは一切お受け出来ません。悪しからずご了承下さい。


※ 御申し込みの際に取得致しましたお客様の個人情報はチケットのお申し込みの目的でのみ使用させて頂き、

目的以外で使用する事はございません