阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

ギャラリートークを開催しました

本日、午後2時より、展示室内において、ギャラリートークを開催いたしました。

夏季展「逸翁が見た海外 -海を渡ってきた美術品-」にちなみ、

逸翁がどのような旅をしたのか、

どんな思いを持っていたのか、

解説文では書ききれないエピソードなどを、

夏季展担当学芸員が、お話ししてみました。

ギャラリートークははじめての試みでしたので、

お楽しみいただけていたらよいのですが。

 

IMG_0096.1

(ギャラリートークの様子)

 

 

好評でしたら、今後の展覧会でのギャラリートークの回数が増えるかもしれません(・∀・)

 

夏季展はあと1週間、22日(日)までです。

あともう少ししかありませんよ~

是非お越しください!

7月・・・文月ですね

だいぶ前の記事から日が空いてしまいました(汗

もう7月ですね。今年になってから半分終わったのかと思うと、

年々月日が経つのが早くなっていっている気がして怖いところです。

・・・・・いや、確実に早くなっていってますね。はい。

 

一週間の東京での研修を終えて帰館してみれば、

なんですか、今朝の大雨。

東京では運がよかったのか殆ど雨には降られずだったので、びっくりしましたよ。

 

さて、7月になったということで、もうすぐ夏季展です。

6月27日に春季展が終了してから、約3週間。

・・・通常の展示替期間より短いので・・・いつにもまして・・・・(汗)

とはいえ、皆様により楽しい展示をご覧いただけるように、頑張りますね!

ちらっとだけご紹介すると・・・

 

こんなのや・・・

 

色絵花文鉢

 

こんなのや・・・・

 

藍絵貝形鉢

 

こんなのなど・・・

 

3127

 

 

などを展示します。どうぞお楽しみに!

 

梅雨が終われば、もう夏です。

こんな暑い季節に、山登りなんて!(逸翁美術館への道)とお思いになられるかもしれませんが、

館内は冷やしておきますので、是非おこしくださいね。

その際、当館までの道のりは日影が少ないですから、

どうぞ熱中症にはお気をつけください!

 

→夏季展「逸翁が見た海外 -海を渡ってきた美術品-