阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

明日から早春展開幕です

明日から早春展「花・はな・HANA -(重文)呉春筆白梅図屏風期間限定公開」を開催します。

本日は、ただいまから内覧会です。

展示室には、日本画洋画をはじめ、日本・中国・西洋の焼き物など、

「花」に関係する作品を展示しています。

 

また、2年に1度しか公開しない、当館代表作、重要文化財 呉春筆「白梅図屏風」は、

明日1月18日から2月16日までの期間限定公開になっていますので御注意ください!

 

まだまだ寒い日々が続きますが、展示を御覧いただいて、

一足早い「春」を感じていただければと思います。

 

福岡市美術館に行ってきました

大変遅くなりましたが、みなさま明けましておめでとうございます。

本年も、このあまりにも不定期すぎるブログにお付き合いいただければ幸いです。

ということで、本日は昨日福岡市美術館さんに行ってきたのでご報告を。

現在福岡市美術館さんでは、「茶の湯交遊録 小林一三と松永安左エ門」展を開催されています。

この展示は、昨年当館にて秋季展第1部として開催した「茶の湯交遊録 小林一三と松永安左エ門」の展示と同じものです。

共同企画展なので、今は福岡市美術館さんで開催されているわけです。

大阪で見逃した方で、福岡に行くチャンスがある方は是非ともお立ち寄りいただければと思います。

松永安左エ門コレクションの中からも名品ばかりを出していただきましたが、

当館からの出品物も重要文化財9点を含む52点です。

これだけの重要文化財が一度に当館以外の展覧会で展示されることは非常に貴重な機会です。

 

また、昨日は、展覧会に関係する講演会として、

「松永安左エ門 電力再編成と茶を語る~NHKラジオ番組の音声復活!」を聴講してきました。

NHKさんの協力で著作権関係をクリアにしたものの、いつでも聞ける音源ではない貴重な音源とのこと。

電力再編成についてや、福澤諭吉翁について、茶についてなど御本人の音声で語られる言葉には深みがあり、

大変勉強になりました。

丁度タイムリーにも、黒田官兵衛の言葉を使って茶や社会に使っても語っておられたのは面白かったです!

ただ想像していたよりも声が高かったのには驚きました。

ちなみに逸翁も声は高めなのですが、

講演会を聞きながら逸翁の声を聞いていただけるような企画も出来れば面白いのかな?と思いました。

いかがでしょうか。

 

 

さて、当館の早春展「花・はな・HANA -(重文)呉春筆白梅図屏風 -期間限定公開」の開幕まで後1週間を切りました。

来週から展示作業が始まります。

新年を寿ぐのに相応しい華やかな作品で展示室を彩ります。

お楽しみに!

本日より夏季展開幕しました

おはようございます。

さ、今日から3連休という方も多いのではないでしょうか?

朝のニュースでも渋滞の道路交通情報を流していましたし、

みなさんお出かけになるんですね。

どうも土日は生憎のお天気のようですね。

何も連休を狙って天気が崩れることはありませんよね。

さて、本日から夏季展開幕しました。

2013.7.13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏季展「虫と魚の美術館 -日本人が見つめた小さな命」

今回は、絵画や器物などに描かれたり、

そのものズバリな造形をしたモノなどをこれでもかっ、というくらい展示しています。

さながら、昆虫館と水族館が合体したかのような・・・

2013.713-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に展示室内に魚が泳いでいますね。

この夏は是非当館で、日本人が見つめた小さな命を見つけに来られませんか?

この展覧会は本日より9月8日(日)まで。

お子様の夏休みの宿題にもオススメの展覧会です♪

(さらに…)

上原まりさん筑前琵琶コンサート

今日は上原まりさんによる筑前琵琶のコンサートでした♪

会場内(マグノリアホール)にはぎっしりとお客様で埋め尽くされました。

本当にご参加いただき、ありがとうございました。

「祇園精舎」

「耳なし芳一」

「雪女」

「二つの塔」

の4曲を演奏いただきました。

素敵な琵琶の音色と、上原まりさんの朗読がとっても素敵で、

「雪女」では登場人物のセリフの演技なども、

情感たっぷりに演じていただきました。

作中歌はご自身で作詞作曲されたとのこと。

「二つの塔」は薬師寺に由来する曲で

古都奈良の薫りがする曲でした。

まりさん曰く、「ちょっと暗いお話ばっかりだったので、

ほっこりした気持ちで帰っていただきたく」とのこと。

そのお心遣いがとても嬉しいですよね。

演奏の合間には、まりさんのお話がありますが、

演奏時のお声がとても迫力のあるお声ですから

その、ギャップがとても素敵です。

 

また、まりさんの素敵な演奏をマグノリアホールでお届けできる日が来ますように♪

 

--------------------

春季展「復活!不昧公大圓祭 ―逸翁が愛した大名茶人・松平不昧―」は、

6月2日まで!

 

 

春季展もあと10日

いきなり真夏の様に暑い日が続いていますが

皆様、如何お過ごしでしょうか?

真夏とはいえ、まだまだ暑さに体が慣れていないからより暑く感じてるだけとはいえ、

これからまだまだ暑くなるのかと思うと、

どうやって暑さを乗り切ればいいのか・・と思ってしまいますね。

皆様も体調管理にはどうぞお気を付けください。

 

さて、現在開催中の展覧会も残すところあと10日になりました。

皆様には御覧いただけたでしょうか?

今週末は上原まりさんによる筑前琵琶のコンサートが行われます。

大変ありがたいことにチケットは完売しております。

どんなコンサートだったか、またご報告いたしますね♪

 

この展覧会を見ずして逸翁の茶道観は語れませんよ!

ぜひ、御来館ください。

 

―――――――――――――――――

春季展「復活!不昧公大圓祭-逸翁が愛した大名茶人・松平不昧-」

~6月2日まで!

前期最終日

連休最終日、とてもいいお天気になりましたね。

ニュースでも各地から戻ってこられる人々の交通渋滞や

新幹線の乗車率などの話題がきこえてきます。

 

本日は、現在開催中の春季展「復活!不昧公大圓祭」の前期最終日です。

今日までしか見られない作品も多々ありますので、

まだ間に合いますので是非ご来館ください。

本日は16時30分までの入館受付、17時まで御覧いただけます。

 

後期展示は8日(水)からです。

どの部分が展示替えされるのかといいますと、

第一部にあたる、「不昧公大圓祭」に出品されていたものを再現した章は、

ほぼ総取替になります。

前期御覧いただいた方も、まだまだ見ていただける作品が出てきますよ!

 

明日、展示替を行います!

1日しかないので必死に頑張りますね。

 

また、入館者の方にお配りしているアンケートに、

ギャラリートークや展覧会の内容を褒めていただける言葉があると、

とても励みになります。本当にありがとうございます。

厳しい意見もとても参考になります。

お時間がある方は是非アンケートにご記入いただければ嬉しいです。

この展覧会の感想だけではなく、どういう展示を見たいか、などを書いていただいても結構ですよ。

皆様のお声をぜひ聞かせてください。

春季展講演会開催しました

本日は、春季展「復活!不昧公大圓祭 -逸翁が愛した大名茶人・松平不昧-」にともなう

1回目の講演会を開催しました。

講師は静岡文化芸術大学学長 熊倉功夫先生です。

大変楽しいお話に、講演室からは時折り聴講者の皆様の笑い声が漏れ聞こえるなどでした。

熊倉先生は現在は和食をユネスコの無形文化遺産に認定される活動に

大きく携わっていらしゃるそうです。

和食は日本が誇る大切な文化です。

また、茶道とも大きなかかわりがあります。

こちらの活動も注目していきたいですね。

 

次回の春季展講演会は、

5月18日(土)同じく午後2時から。

こちらは、不昧公のお膝元、島根県出雲ご出身の、

出雲文化伝承館名誉館長であらせられる、

藤間亨(とうま・きょう)先生にお越しいただき、

より不昧公について親しんでいただけるお話が聞けることと思います。

是非、ご参加ください♪

 

展示も好評開催中

~6月2日 「復活!不昧公大圓祭 -逸翁が愛した大名茶人・松平不昧-

 

 

本日より、春季展開幕しました

こんにちは。

日本全国大荒れのお天気のようで、

ニュースではお出かけを控える呼びかけが多くなされています。

 

そんな中、ひっそりとですが、本日より春季展

「小林一三生誕140周年Ⅰ 復活!不昧公大圓祭 ―小林一三が愛した大名茶人・松平不昧―」

が開幕いたしました。

昨日は、内覧会を開催し、当財団友の会の会員の皆様の他、

関係各所の皆様にわざわざ足をお運びいただき、

一足お先にご覧いただきました。

 

展示室内をご案内させていただきましたが、

だんだん何をしゃべってるのか自分でもわからなくなってくる始末でしたが、

温かいお言葉も頂戴しましたので、ほっと胸をなで下ろした次第です。

(実際ギャラリートークは回数をこなしていくうちに話す内容もまとまっていくんですよね)

 

皆様の前に立ってお話させていただいていると、

時々上手く伝わってるかしら・・と不安になることもありますが、

そんな時は、「うん、うん」と笑顔でうなずいてくださる方の存在を心のよりどころにしています。

ですので、どうぞ皆様も、別の美術館さん等でギャラリートークなどにご参加の際は、

ちょっとだけでも、うなずいていただけると、

しゃべってる人間は「ほっ」とすると思います。

 

・・・展覧会の内容を書くつもりだったのにいつの間にかギャラリートークの話になってましたね。

 

ともかくも、本日より平成25年度の展覧会がスタートです。

今年度もどうぞよろしくお願いします。

 

春の五月山はとてもいいですよ。

お出かけがてら、美術館にもお寄り下さい♪

 

次はもう少し展示裏話でも書きますね。

-------------------------

春季展「小林一三生誕140周年記念Ⅰ 復活!不昧公大圓祭 -小林一三が愛した大名茶人・松平不昧-」

~6月2日(日)まで開催! 詳しくはこちらから

(前期 4月6日~5月6日、後期 5月8日~6月2日: 展示替があります)

ギャラリートーク 2011.11.10

今日はギャラリートーク。
この展覧会では最後です。
 
最後といっても2回しかしていませんが・・。
 
今日は20人くらいいらっしゃったでしょうか。
いつもありがとうございます。
 
 
今回は展示でいうと後期の前半にあたります。
つまりは、第3期ですね。
今の第3期は明日で終わりですので、
来週の火曜日からは観ていただけない作品を中心に説明させていただきました。
 
とても熱心に聞いていただきました。
 
この展覧会は火曜日からの4期3週間でいよいよ終了します。
この機会にぜひ、「源氏絵」の世界に触れてくださいね。
 
来週17日土曜日は当館館長伊井による講演会です。
13時から座席券を配布し、14時から開始します。
是非お越し下さいね♪

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
展覧会について詳しくはこちらから
源氏物語 -遊興の世界-

源氏香体験・匂袋作り体験

今日は、二部にわかれて、
源氏香体験と匂袋作り体験を行いました。
 
まさに秋晴れといういいお天気の中、
小林一三記念館の茶室において開催しました。
 
この香イベントは逸翁美術館秋季展「源氏物語 -遊興の世界-」にちなんで開催しました。
京都にある山田松香木店様に全面ご協力をいただき、
無事開催することが出来たイベントです。
この場をかりまして、深くお礼申し上げます。
 
 
第一部の源氏香体験は、源氏香52種類の中から当てる遊びです。
5つの香木を5つ小分けにしたものを作成し、25個の袋を作ります。
その中から無作為に5つ選びだし、その5つを焚いて、
何番目の香と香が同じ匂いであるのか、
はたまた違う匂いであるのかを当てるのですが、
なんといっても52種類もありますし、非常に難易度が高い遊びですね。
この52種類をそれぞれ、『源氏物語』五十四帖にあてて名前が付けられています。
(最初の「桐壺」と最後の「夢の浮橋」はあててられていません)
 
今日の答えは「蓬生」だったそうです。
つまりは、1番目と2番目はそれぞれ違う香り、3番目から5番目までは同じ香りで、
1番目とも2番目とも違う香りだったようです。
 
なんと、正解の方はお一人いらっしゃったようです。
ブログへの登場をお願いしてみましたが、
NGとのことでしたので、
開催風景だけを載せておきますね。
(画像は少し加工処理をしておきます)
 
2012.10.13
 
 
 
このような形で行われました。
 
第二部、匂袋作り体験は、
このような形でご用意いただいていた8種類の香木を、
 
006-1
 
 
説明いただきながら、まず基本となる香を作るために、
8種類とも混ぜ合わせます。
そして基本となる香が出来ましたら、そこに後は自分の好みで加えて行きます。
 
といってもこれがなかなか難しい。
自分の思うような香りになかなかならないんですよね。
みなさん、和気藹々と、あーでもない、こーでもないと色々と加えられて、
世界に一つしかないオリジナルの匂袋を作り上げておられました。
  
もう一度同じ香りを作れといわれても無理ですね(笑)
  
私たちも隅っこでひっそりとこちらの匂袋作りには参加してて、
こんな可愛らしい匂袋が出来上がりました。
 
012-1
 
可愛いですよね。
残念ながら今回の一度だけしかこのお香イベントはないのですが、
ご協力いただいた山田松香木店様では、
随時このような体験をされていらっしゃいますので、
こちらからご確認いただかれたらどうでしょうか?
→【山田松香木店
 
  
こういった催し物は阪急文化財団では随時開催しています。
友の会の会員様優先でご予約をお受けするイベントが殆どですので、
この機会に是非、御入会ください。
→【友の会については詳しくはこちらから
 
 
現在展示中の展覧会については、
→詳しくはこちらから【逸翁美術館:「源氏物語 -遊興の世界-」】
             【池田文庫 :「宝塚歌劇の源氏物語」】
             【小林一三記念館:「小林一三と百貨店
                            -世界初のターミナルデパートの誕生-」】
 
庭では萩が咲き始めていました。

 002-1