阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

旅するTAKARAZUKA展♪

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、池田文庫で開催中(〜2014/12/7)の
「旅するTAKARAZUKA—海外公演・全国ツアーの軌跡」展
についてご紹介します!

ご存じ宝塚歌劇は今年100周年を迎えました。
そこでこの展覧会では、この100年に行われた「海外公演」と
「全国ツアー」に関する品を140点ほど展示しています。

「宝塚の展示はもう見たしなー」という方。大丈夫です!
海外と全ツに特化していますので、ほとんど展示品がかぶっていません(笑)
それでいて、いずれも重要なものばかりで、100年の厚みを感じます。

初海外公演の現地ポスター(ドイツ・ドルトムント 1938年)から、
昨年の台湾公演の小道具(柚希礼音さん演じる楚留香ゆかりの品)まで、
幅ひろーくご覧いただけます。
懐かしいスターの写真、直筆サイン、心温まる関係者のお手紙、
貴重な映像もお楽しみいただけます。

海外公演のプログラムやポスターは現地で制作されたこともあって、
私たちが思い浮かべる宝塚のイメージとちょっと違ったりします。
国や時代によって、さまざまなTAKARAZUKAに出会えます。

来年には2回目の台湾公演が予定されています。
歴史を知れば楽しさ2倍。ぜひ池田文庫へお越しください♪

秋季展前期日程終了まであと2日!

こんにちは!
3連休の中日ですが、あいにくの空模様ですね。
今、池田市ではIKEDA文化ラリーを開催中で、
いけだしないのチェックポイントをめぐる人の姿がたくさん見られますが、
雨の中、気を付けていただきたいですね。

当館も文化ラリーに参加してチェックポイントになっています。
参加は無料ですから是非参加してくださいね。

シールだけもらって帰るのではなく、
是非展示も見て帰ってください!

前期展示も残すところあと、今日と明日の2日間です。
前期日程しか見れない作品もありますから、この機会に是非♪

また、初試みのカフェIAMとのコラボスイーツも好評提供中です!
こちらもこの機会に是非ご賞味くださいね(・∀・)

1194.2(HP

この蕪村の鹿の屏風はかなりお久しぶりの展示です!(11月24日)
是非、鹿に会いに来てくださいね。

秋季展「月を愛でる ―うつろいと輝きの美―」開幕しました

今日から秋季展「月を愛でる ―うつろいと輝きの美―」が開幕しました。
初日にも拘わらず、たくさんの人にご来館いただいて、担当者としては、
無事開幕できたので、ほっと胸をなで下ろしています。

今回の展示では、今週8日に日本全国で「皆既月食」でも話題になった「月」をテーマにしています。

「月」は1日の中でも位置をうつろいますし、ひと月の中でも満ち欠けをくりかえし、
一つとして同じ姿を見せません。
そのうつろう様に私たちは情趣を感じ、古来よりその美しさ、輝きを愛でてきました。

「月」が持つ美しさは、書や、絵画、工芸の世界で様々に表現され、
その魅力をが楽しまれています。

黒地神路山蒔絵硯箱

ポスタービジュアルにも使ったこちらの硯箱をはじめ、
様々な「月」にまつわる作品を展示しています。

どうぞ、気軽な気持ちで「月見」を楽しみにご来館ください♪

また、今回はスペシャル企画として、
小林一三記念館内にあるレストラン「雅俗山荘」と、
美術館内にあるカフェIAMとコラボした、
秋季展限定「お月見スイーツセット」が登場しています!

秋季展開催中しか食べられない限定スイーツですから、是非こちらも合わせてお楽しみ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

秋季展「月を愛でる ―うつろいと輝きの美―」は11月24日まで開催しています。

◆イベント情報◆

■コンサート
11月8日(土)午後2時から 「月を奏でる ―箏 片岡リサ コンサート」
 ※詳細はこちらから

■講演会
11月15日(土)午後2時から 「日本人の心 ―雪月花をめぐって―」 
講師: 公益財団法人冷泉家時雨亭文庫 理事長  冷泉為人氏

■ギャラリートーク
10月18日(土)、11月9日(日)両日とも午後2時から

夏季展終了まで後4日!

こんにちは。
昨日の雷雨はすごかったですね。

先月に引き続き今月もまた1時間に100ミリを越える雨を記録したとのことで、
全国的にもすっかり池田が有名になってしまいましたね。
こういった災害的なことで名前が有名になるのは避けたいものですが・・。

昨今はほんと突然の天候の変化が多く、しかも危険を伴うことが多いですから、
皆さまもしっかりを日頃から対策をとるなどお気を付け下さい。

そうこうしている間に、現在開催中の展示、
夏季展「お話し美術館」も残すところ後4日になりました。
最終日15日には奥平俊六先生による講演会を開催いたします。
座席券は当日10時から配布いたしますので、
是非ともお聞き逃がしなく!

夏季展「お話し美術館」始まっています!

ushiwakabenkei

毎日暑い日が続きますね!
昨日は休みで所用で出かけていたのですが、
日中に外を歩いていたら、余りの暑さに変な笑いが出そうでした。
人間あまりにも暑いとやっぱりおかしくなるんですね。

というどうでもいい話は置いておいて、
皆さん、暑さ対策には充分注意してくださいね!
外ではもちろんのこと、帽子や日傘などで直射日光をまず遮ることからスタートです。
また、お家の中でも油断は禁物です。
水分補給を忘れずに!

そんな暑さの中、坂の上にある美術館としては、非常に心苦しいのですが、
先週19日より、夏季展「お話し美術館 -ストーリーの場面を描く-」を開催しています。

説話や物語、和歌や俳句などの文学作品をもとにして描かれた絵画は
たくさんあります。
テレビや映画のなかった時代、物語の筋書きをもとに場面場面を描いた
絵巻や草子は、
現在の私たちが漫画やアニメを楽しむように、
当時の人々に楽しまれていたでしょう。

展示室では、大きな弁慶と牛若丸がみなさんをお待ちしています。
暑い中ですが、どうぞご来館ください♪

展示室は涼しいです!
夏休みの宿題にもオススメです!

--------------------
詳しい展示情報はこちらから⇒夏季展「お話し美術館 -ストーリーの場面を描く-」

♪コラボスイーツ♪

こんばんは!
7月になりましたね。
もう今年も半分終ってしまいました。
ほんと月日が経つのは早いものです。

実は今、秋季展の開催に向けて準備が進められている企画があります。
え、まだ夏季展もはじまっていないのに?との声も聞こえてきそうですね。

秋季展は「月を愛でる -うつろいと輝きの美-」というタイトルで、
様々に姿を変え、私たちに愛されてきた「月」にまつわる作品を展示する予定の展覧会です。

こちらの展覧会は10月11日(土)から開館予定なのですが、
実はその会期中に、美術館内にある喫茶店「IAM」において、
展覧会の内容とリンクした「コラボスイーツ」を販売する予定になっています!

昨日はその試食会を行いました。

DSC_0276

まだ完成前なので写真は載せられないんですが、少しだけ・・

ヒントは「月」です。

どんなスイーツが出来上がるのか、皆さん、楽しみにしていてくださいね♪
またコラボスイーツの詳細については決まり次第発表いたします!お楽しみに♪

小林一三記念館展示「小林一三のタカラヅカ -大正時代ショービジネスの夢-」

Exif_JPEG_PICTURE

小林一三記念館では、宝塚歌劇100周年を記念した、
第12回特集展示「小林一三のタカラヅカ -大正時代ショービジネスの夢-」を開催しています。

と言うわけで、展覧会の担当者にこの展示の見所を聞いてみました!
原稿で送られてきて、「あまりにも真面目な文章だから適宜かえて下さい!」と言っていましたが、
約束を破ってそのままの形で載せてみます(笑)

+o。。o+゚☆゚+o。。o++o。。o+゚☆゚+o。。o++o。。o+゚☆゚+o。。o++o。。o+゚☆゚+o。。o+

今回の展示では、宝塚歌劇100周年を記念して、
草創期の宝塚歌劇の資料や、創始者・小林一三の演劇理念などを紹介しています(パネル展示)。

Exif_JPEG_PICTURE

花組と月組に分かれる前の「二部制時代」のプログラム(1921年)や、
宝塚大劇場オープン時のポスター(1924年)、小林一三の『大劇場芸術』と題する未刊の原稿(1934年頃)など、
たいへん珍しいものもご覧いただけます。

また、小林一三は数々の名言を残していますが、
今回の展示では、これまでほとんど取りあげられることのな
かった「変化そのものが偉大なる芸術である」という言葉も紹介しています。

この謎めいたフレーズの意味するところは……ぜひ会場でお確かめください!

小林一三の旧邸で、大正時代の宝塚歌劇に思いを馳せてみませんか? 
皆様のお越しを心よりお待ち申しあげます。

+o。。o+゚☆゚+o。。o++o。。o+゚☆゚+o。。o++o。。o+゚☆゚+o。。o++o。。o+゚☆゚+o。。o+

確かに真面目ですね~(笑)
真面目な性格がにじみ出ているような文章です。

こちらの記念館の展示は、逸翁美術館や池田文庫の展示と違い、
10月5日までとやや長い展示になっています。

記念館の桜ももうすぐ終ってしましますが、
庭の新緑はこれからが見所。

是非、お散歩がてらお出かけください♪

宝塚歌劇100周年記念展本日より開催です

DSC_0164

おはようございます。
4月5日、本日より阪急文化財団の3つの施設それぞれで宝塚歌劇100周年を記念した展覧会を開催します。

逸翁美術館では、
「美のカリスマ -歴代タカラジェンヌのアトリエ-」

池田文庫では、
「白井鐵造の「花詩集」 -タカラヅカレビューの創造-」

小林一三記念館では、
「小林一三のタカラヅカ -大正時代ショービジネスの夢-」

の3つのテーマでの開催です。

逸翁美術館では、「白薔薇のプリンス」春日野八千代さんと、
男役との象徴として現在も活躍し続ける轟悠さんを露心に、
「美のカリスマ」たちの作品を一堂に集めました。

展示風景はこんなイメージです!

DSC_0165

春日野八千代さんの光源氏が艶やかでとてもお美しいですね。
見とれてしまいます。

本当に素敵な作品が展示されていますよ。
前期後期で作品の入替もしますので、前期後期とも2回ともお見逃し無く!

池田文庫の所の桜もそろそろ散り始めています。
これは満開の時の様子。

DSC_0160

ここの桜は毎年いつ見ても本当に見事だなぁと思います。
写真の腕がないので(何しろスマートフォンでの撮影です)あまり伝わらなかったらすみません。

後、私たち職員しか行けない見れないスポットにある桜ですが、

IMG_20140402122747

こちらも健気にも毎年立派な花を咲かせてくれます。
お昼休憩の時に何人かでお花見を楽しみました。

今週末が桜がきれいに見える最終かもしれません。
是非、阪急文化財団3施設に足をお運びください。

本日、小林一三記念館展示に関する講演会開催します!

今日は大阪でも朝から雪やらみぞれまじりの雨で天候が大荒れですね。
しかも最高気温が4度、最低気温が0度という予報で、
震え上がるような寒さですね。

あいにくの天気ですが、
本日は、小林一三記念館第11回特集展示
「”文学青年”小林一三 宝塚歌劇のはるかな源流」
に関する講演会を予定通り開催いたします。

講演会は14時からです!

講師は、大手前大学学長の柏木隆雄先生です。
『「小説家」小林一三の位置』という演題でお話いただきます。
楽しみですね!

足もとが危ないですし、とっても寒いですが、
どうぞお気を付けてご来館ください!

講演会のお知らせ

はやいもので、2014年になってからもう一月以上たちましたね。
あまりに時が過ぎるのがはやいので、戦々恐々しております。

先月25日(土)は、毎年恒例の「逸翁白梅茶会」を行いました。
あいにくの雨予報だったのですが、
幸いにも雨にならず、300名を超えるお客様にご参加いただきました。
ありがとうございました。

月がかわって2月。
今月は、2週間連続で講演会があります!

今週末2月8日(土)午後2時から、
小林一三記念館第11回特集展示「”文学青年”小林一三」展にかかる講演会を開催。
「 「小説家」小林一三の位置  」との演題で、
大手前大学学長の柏木隆雄先生にご講演いただきます。

そして来週末15日(土)午後2時から、
逸翁美術館早春展「花・はな・HANA -(重文)呉春筆白梅図屏風期間限定公開」にかかる講演会を開催。
「自然からの手紙 -花」との演題で、
絵本作家の前田まゆみ先生にご講演いただきます。

いずれも午前10時から美術館受付において、先着120名様に座席券を配布させていただきます!
座席券をお渡しするには展覧会の入館券が必要になりますので、ご注意ください!
(記念館講演会は、記念館単館入館券でもご聴講いただけます)

立春も過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続きます。
体調管理に充分お気を付け下さいね。