阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

ドラマを見終えて・・

怒濤のブログ更新になっていますね。
それもこれもドラマ「経世済民の男 小林一三」のおかげなのですが、
皆さんは、昨日放送の後編もご覧いただけましたでしょうか?

私は少なくとも3回は泣いてしまったのですが、
皆さんはいかがでしたでしょうか。
どちらかというと前編が、成功するまでの、
色々とダメな部分を面白く描いていただけに、
後編のシリアスな展開がより輝きましたよね。

個人的にグッときたポイントを書きますと、
1)宝塚大劇場で「モン・パリ」を見ながら久しぶりに岩下清周と再会し、
阪神との合併を持ちかけられた時のセリフです。
岩下さんの涙に、私も堪えきれませんでした。

実はこのシーンは、NHKホールで公開収録されていたシーンだったので、
私も現地で見学していました。
現役タカラジェンヌさんたちによる再現に見とれていた間に、
あんな感動的なシーンが撮影されていたなんて。

2)なんといっても長男冨佐雄さんとの病床でのシーンですね。
「約束」の話や、「自分も働きたいです」のやり取りに、
涙が溢れました。

皆さんの感動ポイントはどこでしたか?

見所シーンたくさんの小林一三ドラマは残念ながら終ってしまいましたが、
その生涯かけて集めた美術品が観られる展覧会「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」は、
9月27日(日)まで開催しています。
是非ご来館ください♪

また、最後ドラマで東宝の忘年会でスピーチをしていましたが、
その東宝に関係する展示「小林一三ワールド 夢ひらく東宝」も、
小林一三の生涯や実際のロケ現場にもなった小林一三記念館でも、
「小林一三と野球」展を9月27日(日)まで開催しています。

三館合わせてご覧くださいませ。

(学芸員A)

9月6日(日)は講演会です!

9月6日(日)午後2時からは、逸翁美術館の夏季展「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」に因んだ講演会です。

先生は、千里金蘭大学名誉教授、表千家不審菴文庫運営委員の生形貴重先生です。
テーマは「逸翁の見立て・好みをめぐって」となっています。

生形先生のお祖父様にあたられる生形貴一宗匠は、
逸翁のお茶の先生でもありました。
お祖父様の宗匠に連れられて逸翁と実際にお会いされたこともおありとのこと。

エミール・ガレ作「草花文ガラス小壷」

そんな生形先生に、今回の夏季展のテーマでもある、
逸翁の「見立て」や「好み」についてお話し頂きます。
私も今からお話しをお聞きするのが楽しみです。

実際にお祖父様からお聞きされたお話なども伺えるかもしれませんね。
この機会に是非ご聴講ください。

ちなみに、講演会の前日5日夜には、
いよいよ、NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」が放送されますね。
ドラマを見て、講演会を聞いていただければ、
より逸翁を身近に感じて頂けるのではないでしょうか。
お楽しみに☆

(A)

—————————————————————
2015夏季展「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」後期が開催中です。
詳しくはこちらからご覧ください。

NHKドラマのプレマップ動画が公開されています!

いよいよ本日から「経世済民の男」シリーズの放映が始まりますね!
今夜は高橋是清さんですね。
いよいよスタートするのでとても楽しみです。

小林一三は9月5日・12日の2週に渡っての放送ですが、
NHKのドラマサイトで、いよいよプレマップ動画が公開されています。
(こちらからどうぞ⇒プレマップ動画

10分・2分・30秒、それぞれとても楽しい仕上がりで、
本放送の日が待ちきれませんね!

雅俗山荘の中で撮影されたシーンもプレマップ動画内にあったので、
美術品もちょっと映っていたのをしっかり確認できました!

現在展示室で展示中のあの作品ですよ!!

ドラマの前に、「ほほう・・この作品が登場するのか」
ドラマの後に、「ほほう・・この作品出ていたなぁ」

どちらでも大丈夫ですので、是非、今日から後期展示になった、
「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」もご覧下さい!

(A)

高校野球の原点に迫る講演会!!

お盆も過ぎてどことなく夜風も涼しく感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ今日は甲子園の準決勝、明日は決勝ですが、お天気の方が心配ですね。

さて、この高校野球夏の全国大会が始まったのは、
100年前の昨日1915年8月18日でした。

小林一三記念館では、これを記念して、「小林一三と野球」展を開催しています。
というのも、100年前の開催地は甲子園ではなく、
箕面有馬電気軌道(現阪急電鉄)が開設した、
豊中運動場(豊中グラウンド)だったからです。
今この地は住宅街となり、一部がメモリアルパークとして整備されています。
http://www.hankyu.co.jp/area_info/spot/173

この豊中運動場については、これまで本格的な調査が行われてこなかったのですが、
2年前より『毎日新聞』紙上で特集が組まれ、
当時の新聞記事など様々な文献に基づき、詳細な報告がなされるようになりました。
http://machigoto.jp/news/detail/?art_id=2853
(↑「マチゴト・豊中池田ニュース」にバックナンバーあり)

合わせて小林一三記念館では、
かねてより所蔵していた運動場の設計図面を初公開するなど、
豊中運動場に関する情報を提供してまいりました。
おかげさまで多くの方に豊中運動場のことを知っていただき、
もっと詳しく知りたいという声も届くようになりました。

そんな方に朗報です!
8月29日(土)『毎日新聞』で豊中運動場の連載を担当されている松本泉さんの講演会を開催します!

タイトルは「小林一三が夢見たスポーツ文化」。
豊中運動場を中心に、その後の宝塚運動場や西宮球場まで視野に入れたお話の予定と伺っております。
宝塚運動場は、日本初のプロ野球チームを引き継いで誕生した宝塚運動協会の本拠地で、阪急ブレーブスの初代本拠地でもありました。

豊中運動場と大正時代のスポーツ文化について、
松本さんより詳しい人を私(=担当学芸員)は知りません!
会場は逸翁美術館の中にあるマグノリアホールです。
小林一三記念館からは駅に向かって徒歩2分ほど。
このチャンスをどうぞお聞き逃しなく!

(Y)

夏季展「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」本日より開館です!

本日4日より、逸翁美術館夏季展「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」という展示が開催しました。

ポスターJPEG

「審美眼」とは簡単にいうと、「美」を的確に見極める力のことをいいます。
逸翁美術館の収蔵品はそのほとんどが小林一三が自身の「審美眼」によって選ばれた美術品です。
その中より、今回は2章にわけて、
第1章を【名品から見る逸翁の審美眼】、第2章を【逸翁の「見立て」「好み」「自作」】、
というテーマで展示を行っています。

第1章では、伝統的に名品として名高い物を、
うってかわって第2章では、その名品を見抜く審美眼が、
どの様にして自身の「見立て」「好み」「自作」に役立っていったのかをご紹介します!

第1章の名品コーナーでは、墨蹟、古筆、蕪村、呉春、長沢蘆雪などの掛軸の他、
茶道具の名品などを展示しており、こちらは前期後期でほぼ入替を行います!

第2章では、逸翁らしい華やかさが見える作品を展示しています。
中でも今回の展示の大きな特徴としては、「更紗」です。
展覧会ポスターでも更紗裂を使っていますが、展示室内でも更紗風のプリント装飾や、
実際に逸翁が収集した更紗裂をご覧いただけるように展示しています。

少しだけご紹介すると・・・

sarasa3

sarasa2

sarasa4

sarasa1

このような作品たちです。
更紗裂を展示する事はとても珍しいので、この機会に是非ともご覧ください!

それ以外にも楽しんでいただける作品を多数展示しています。
どうぞ夏の暑さに負けずにご来館お待ちしております!

(A)

————————————————————

夏季展「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」 
(前期) 開催中~8月9日(日)
(後期) 8月22日(土)~9月27日(日)

※8月10日~8月21日は展示替えのため休館していますのでご注意ください!

「小林一三と野球」展スタート!

早速ですがクイズです。
小林一三が入っているのは次のどれでしょう?

(1)宝塚歌劇の殿堂
(2)ロックの殿堂
(3)野球の殿堂

正解は……

(1)と(3)です!
(1)は創始者ですから言うまでもありませんが、
(3)は「意外」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

というわけで、小林一三記念館では「小林一三と野球」展を開催中です。
小林一三が球界の発展に果たした役割を、所蔵資料とパネル展でご紹介します。

‘æ10‰ñ-ˆêŽO‹L”OŠÙ-B2-0228

主役は、阪急沿線にあった豊中運動場・宝塚運動場・西宮球場の3つの球場です。
今はもうありませんが、かつてそこにはファンの歓声が響き渡っていました。

豊中では、最初の高校野球全国大会が誕生(1915年)し、
宝塚では、草創期のプロ野球チームが活躍(1924~29年)し、
西宮はご存知、阪急ブレーブス(1936~1988年)の拠点でした。

野球はスポーツであり、エンターテインメントです。
観衆に取り囲まれた球場は、さながら大劇場のようです。

試合展開を形容する言葉に「ドラマティック」「劇的」等が
しばしば用いられるのも、そのことを物語っているようです。

沿線で野球事業を展開したのは、
娯楽や文化を愛し、大衆に提供し続けた小林一三だからこそ、
なのかもしれません。

小林一三記念館では、2011年にも野球展を開催しましたが、
今回は展示スペースを倍増し、歴史編とビジュアル編に分けて、
それぞれじっくりとご覧いただけるよう構成しました。

歴史編はパネル展で、上記3球場の誕生に焦点を当てます。
とくに豊中運動場については、初公開資料も含めて、
最新の調査の成果をご覧いただけます。

ビジュアル編では、戦前の貴重なプロ野球ポスターや、
懐かしのブレーブスグッズなどを展示しております。
(資料保護のため、会期中2度展示替えを行います)

小林一三の事業全体を紹介する常設展もございますので、
合わせてお楽しみいただければ幸いです。

(Y)

早春展いよいよ開幕しました!

早春展「神さま仏さま ~祈りの美術~」が本日から開幕しました。

展示室の様子を少しだけお届けしますね。

まずは「十二天図」のうちより「梵天図」がお迎えします。

DSC_0434

なかなかの迫力ですよね。
夜道で見たらちょっと怖いかもしれません(笑)

展示はキリスト教美術、神道美術、仏教美術のコーナーでわかれています。
昨日内覧会をしていたところ財団職員ですら、
「え?仏像とか収蔵してたんですか?!」と聞かれるほど、
久しぶりの登場の作品もたくさんあります。

宗教美術か~というと難しいもの?と思ってしまうかもしれませんが、
難しく構えていただく必要は全くありません!
どうぞ気軽な気持ちで、ふらっとご来館ください。

早春展は3月15日(日)まで開催します。
御期待ください!

(A)

展示作業ってどんな感じ?

今日は展示作業中の一コマをご紹介します。
あまり皆さん見る機会がないですよね。

今回早春展で展示する作品の一つです。
箱から出すとまずこのような感じにぐるぐると包まれています。

DSC_0429

これだと”誰”だかわかりませんね。

もう少し開梱してみます。

DSC_0431

ちょっと顔が出てきました。
この段階でわかる方もいらっしゃるかもしれませんね。

正解は・・・

DSC_0432

聖徳太子でした!

箱の中では厳重に梱包されているので、少し開けただけではわかりません。
少しずつ開梱して展示されている状態に近づいて行くというわけです。

この作品は17日から開催の早春展「神さま仏さま ~祈りの美術~」にて展示しています。
是非、実物を見にご来館ください!

(A)

アカペラコンサート開催決定♪

ただいまは逸翁美術館は展示替えで休館中です。
次の展覧会に向けて担当者が展示作業に没頭しています。

次の展覧会は2015早春展「神さま仏さま ―祈りの美術」とのタイトルで展示を予定しています。
期間は2015年1月17日(土)から3月15日(日)まで。

1月17日はあの阪神淡路大震災からちょうど20年ですね。
奇しくもこの日に「祈り」についての展覧会を開幕することになります。

この展覧会では、音楽イベントとして、
3月7日(土)午後4時より、男声によるアカペラグループ「ジパングコンソート」
によるコンサートを予定しています。

ジパングコンソートは、1986年にルネッサンス音楽を追究する目的で結成されたアカペラ・ヴォーカル・アンサンブルです。
特徴的なのは男声ばかりのグループであることです。

展示の内容からゴスペルなども歌っていただけるかもしれませんね。
ゴスペルというと、ちょっと古い映画ですが「天使にラブソングを」のイメージが非常に強いですが、
みなさんはいかがでしょうか?

今から私もワクワクしています。
申込み方法など詳細が決まり次第またホームページ等で告知しますので、
どうぞお楽しみに♪

池田文庫第86回展示フィナーレへ♪

すっかり冬になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

阪急文化財団が運営する池田文庫では、10月より展覧会
「旅するTAKARAZUKA 海外公演・全国ツアーの軌跡」を
開催していますが、いよいよ今週で閉幕となります。

2-•ó’ËŠCŠOŒö‰‰ƒ}ƒbƒt?§ìe

この地図は、宝塚歌劇が訪れた都市を表しています。
これらに関する資料を展示しています。

現地で制作されたポスター、プログラム、貴重な写真、
サイン色紙、特別にお借りしたご家族あてのお手紙、
タカラヅカ・スカイ・ステージで放映された貴重な映像も
ご覧いただけます。

この機会をぜひお見逃しなく!

なお、小林一三記念館で開催中の特集展示
「旅するTAKARAZUKA 小林一三 海外公演の夢」は、
12月7日(日)で一旦お休みとなりますが、
来年1月10日(土)より再開いたします。
こちらも合わせてお楽しみください。