美術館ブログ

ブログメニュー

小林一三が持ち帰ったガムランが蘇る!

小林一三が持ち帰ったガムランが蘇る!
  Margasari【マルガサリ】・・・Magnolia
   ~ガムラン-典雅な響きと舞い~  9月23日開催

ガムランチラシ

このところ、NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」の話題があちらこちらで飛び出し嬉しい限りです。今日はいよいよ後編放送です!

先週5日放送の前編では、阿部サダヲさん演じる一三さんは、
とんでもないことをしでかすのに、憎めない、お茶目なキャラクター。
後編ではそのシャープな眼がキラリと光り、斬新な発想を現実のものとしていきます。
一三さんの眼力も見所の一つですね。

今日放送の後編では、先週4日に、わがマグノリアホールでマシンガントークを繰り広げてくださった ”あのミュージカルスター”井上芳雄さんの姿も登場します!
前編は語りだけでしたからね・・・。

ところで、小林一三翁の業績は、へぇ~こんなことも?!というものがどんどん出てくるのですが、日本に初めてガムランを持ち込んだことはご存知でしょうか???

そもそも、「ガムランって?」と思われる方も多いかと思います。
ガムランはインドネシアの民族音楽です。
ジャワ島やバリ島を旅行された方は、現地でご覧になったかもしれませんね。
銅鑼(ドラ)や鍵盤打楽器など様々な楽器を組み合わせて合奏されます。
小林一三は、商工大臣をしていた1940年に蘭印(インドネシア)を訪れます。
そのときに持ち帰ったのが、ジョグジャカルタの王家筋に伝わるガムラン一式です。
なんと、これがガムラン楽器の日本上陸第1号というわけです。

このガムランは、宝塚歌劇の『女八幡船(おんなばはんせん)』(1941年)という作品をはじめ、
『ジャワの踊り子』(1952年・1982年)でも使われました。
ただ、これらの劇中では小道具的な扱いで、演奏するというほどではなかったようです。

そして、月日は流れ池田文庫で保管することになったのですが、
楽器としては損傷があり、演奏することは難しい状態でした。

ガムラン保存状況

小林一三の持ち帰った博物資料とするなら手を加えない方がよい・・・。
でも、そのまま眠らせておいては日の目を見ることはなさそう・・・と考えたあげく、
傷んだ部分を修復し、楽器として蘇らせることにしました。
このガムラン一式はインドネシアへしばしのお里帰り。
立派な楽器として戻ってきた1998年に、池田文庫で御披露目のコンサートをしました。
その後は宝塚歌劇『MAHOROBA』(2007年)でも使われています。

インドネシアでの修復から御披露目コンサート、
さらにその後は今日までガムラン一式を預かっていただき、
楽器として活用していただいてる中川真先生のグループ「マルガサリ」の皆様によって、今回のコンサートが実現しました!
舞踊もあわせてご覧いただきます。

一三翁がジョグジャカルタで魅了されたガムランってどんなもの?
そんな疑問をお持ちになった方はぜひこの機会をお見逃しなく!!

今夜のドラマで商工大臣になる一三さんもしっかり見届けてくださいね。

(学芸員T)

NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」のトリビア 第3弾

小林一三ドラマ・トリビア第3弾です。
ドラマの中でもひときわ異彩を放つ借金ダルマ。
前篇の後半、一三さんがダルマの悪夢にうなされるシーンがありましたが、
あの時寝ころびながら読んでいた雑誌がこれです。

hoto

『ホトトギス』1907(明治40)年1月号です。
夏目漱石「野分」、寺田寅彦「森の絵」、高浜虚子「欠び」などが収録されています。
ただしドラマで使われたのはこれを基にした複製で、
裏表紙は同年12月号のものが使われています。

この『ホトトギス』、現在は池田文庫の所蔵ですが、
旧蔵は小林一三自身ですので、本物の一三さんも手にしたものと思われます。
100年以上時が流れてドラマで使用されるなんて、何だかステキなお話ですね。

一三さんは若い頃から文学と芝居が大好きでした。
ドラマでも小説を書いているシーンがありましたが、
実際17歳で新聞に小説を連載するなど、早熟の文才を持ち合わせていたようです。
宝塚歌劇の台本も30作ほど書いています。

ほかでもない『ホトトギス』だからこそ、文芸を愛した一三さんのもう一つの顔が、
さりげなくあの場面に描かれていた…のかもしれません。

(学芸員Y)

NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」のトリビア 第2弾

NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」のトリビア第2弾です。

今回のドラマには池田文庫の蔵書も登場しています。
前編の冒頭、一三さんが現金輸送中にこっそり本を読むシーンがありました。
その本がこれです。

chika

タイトルは『近松叢書 曽根崎心中 心中二枚絵双紙 博多小女郎浪枕 合巻』
明治24(1891)年武蔵屋叢書閣による出版で、池田文庫の蔵書は初版のものです。

「近松」というのは浄瑠璃・歌舞伎の作者、近松門左衛門のことです。
一三さんの近松好きは自伝『逸翁自叙伝』等でも知られていますが、
それをふまえた脚色と言えそうです。

あ、現金輸送中にお金を盗まれそうになったというエピソードはフィクションですよ(たぶん…)

(学芸員Y)

NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」のトリビア♪

NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」前編、ご覧になりましたでしょうか? 

私(=学芸員Y)始終ニヤニヤしながら見ておりましたが、
終盤の岩下清周さんと一三さんのやりとりでは、感極まって思わず涙がホロリ。
これは後編も絶対に見逃せません…

さて後編では、一三が実際に暮らした雅俗山荘(現 小林一三記念館)や逸翁美術館の収蔵品が登場しますが、
前編でも池田文庫の所蔵資料がいろいろ登場していました。

たとえば、開業時の梅田駅に貼られていたポスター(女性の絵)や路線図、
電車の正面がデザインされた開業告知ポスターなどです。
画像はこちらの下の方→http://www.hankyu.co.jp/ekiblo/hensyu_bu/20206/

もちろん実物ではなく複製で、ドラマに合うよう加工されているものもありますが、
資料のこういう活用のあり方も私たちには大変うれしいことです。

女性の絵のポスターは、池田文庫内のポスター検索システムのほか、
小林一三記念館の展示室でもご覧いただけます。
実は女性が手にしている団扇には当時の路線図が描かれていますが、
延伸予定として宝塚の先の有馬駅や、梅田の先の野江駅なども載っています。

もう一つ私的萌ポイントは、終盤、一三さんが資金集めに奔走し、北浜銀行へ向かう道すがら、
「あんたばっかり遊びに行かんと、たまには子供も連れて行くくらいのこと…」
という女性の声が聞こえてくるところです。

一三さんの夢の一つは「家族みんなで楽しめる新しい娯楽」を提供することでした。
それが少女歌劇も含む、一大レジャーランド「宝塚」などにつながっていきます。

このように画面の隅々まで見所いっぱいで、一言一句聞き逃せないドラマです!
早く後編が見たい…!

※このトリビアシリーズ、しばらく続きます。こうご期待!

(学芸員Y)

いよいよ小林一三のドラマ「経世済民の男」が放送です!

いよいよ、明日5日(土)の夜9時からNHK総合で、
経世済民の男 小林一三」が放送されます。

今からもうわくわくが止りません。

前にも少し書きましたが、
「小林一三記念館」はこのドラマ「経世済民の男」のロケ地としても使用されています。
また、ドラマ内で「小林一三記念館」が映る際には、
あちらこちらで、実際に小林一三が収集した美術品も登場しています。

阿部サダヲさんや、瀧本美織さん、井上芳雄さんなどの演技はもちろんですが、
背後などにも注目してみてくださいね!

また、阪急百貨店でも9階阪急うめだギャラリーにおいて、
「創業者小林一三をたどる ~宝塚歌劇101~小林一三ワールド」と、
「放送90年ドラマ『経世済民の男 小林 一三』 ~夢とそろばん~展」が開催しています。

実際にドラマで使用した小道具なども見れますので、
こちらも是非ご覧くださいね!

また、ドラマを見て、百貨店での展示を見た後は、
逸翁美術館で現在開催中の「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」、
池田文庫「小林一三ワールド 夢ひらく東宝」
小林一三記念館「小林一三と野球」を今月27日まで開催しております。
こちらもぜひぜひご覧くださいね!

(学芸員A)

9月6日(日)は講演会です!

9月6日(日)午後2時からは、逸翁美術館の夏季展「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」に因んだ講演会です。

先生は、千里金蘭大学名誉教授、表千家不審菴文庫運営委員の生形貴重先生です。
テーマは「逸翁の見立て・好みをめぐって」となっています。

生形先生のお祖父様にあたられる生形貴一宗匠は、
逸翁のお茶の先生でもありました。
お祖父様の宗匠に連れられて逸翁と実際にお会いされたこともおありとのこと。

エミール・ガレ作「草花文ガラス小壷」

そんな生形先生に、今回の夏季展のテーマでもある、
逸翁の「見立て」や「好み」についてお話し頂きます。
私も今からお話しをお聞きするのが楽しみです。

実際にお祖父様からお聞きされたお話なども伺えるかもしれませんね。
この機会に是非ご聴講ください。

ちなみに、講演会の前日5日夜には、
いよいよ、NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」が放送されますね。
ドラマを見て、講演会を聞いていただければ、
より逸翁を身近に感じて頂けるのではないでしょうか。
お楽しみに☆

(A)

—————————————————————
2015夏季展「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」後期が開催中です。
詳しくはこちらからご覧ください。

NHKドラマのプレマップ動画が公開されています!

いよいよ本日から「経世済民の男」シリーズの放映が始まりますね!
今夜は高橋是清さんですね。
いよいよスタートするのでとても楽しみです。

小林一三は9月5日・12日の2週に渡っての放送ですが、
NHKのドラマサイトで、いよいよプレマップ動画が公開されています。
(こちらからどうぞ⇒プレマップ動画

10分・2分・30秒、それぞれとても楽しい仕上がりで、
本放送の日が待ちきれませんね!

雅俗山荘の中で撮影されたシーンもプレマップ動画内にあったので、
美術品もちょっと映っていたのをしっかり確認できました!

現在展示室で展示中のあの作品ですよ!!

ドラマの前に、「ほほう・・この作品が登場するのか」
ドラマの後に、「ほほう・・この作品出ていたなぁ」

どちらでも大丈夫ですので、是非、今日から後期展示になった、
「小林一三ワールド 逸翁の審美眼」もご覧下さい!

(A)

高校野球の原点に迫る講演会!!

お盆も過ぎてどことなく夜風も涼しく感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ今日は甲子園の準決勝、明日は決勝ですが、お天気の方が心配ですね。

さて、この高校野球夏の全国大会が始まったのは、
100年前の昨日1915年8月18日でした。

小林一三記念館では、これを記念して、「小林一三と野球」展を開催しています。
というのも、100年前の開催地は甲子園ではなく、
箕面有馬電気軌道(現阪急電鉄)が開設した、
豊中運動場(豊中グラウンド)だったからです。
今この地は住宅街となり、一部がメモリアルパークとして整備されています。
http://www.hankyu.co.jp/area_info/spot/173

この豊中運動場については、これまで本格的な調査が行われてこなかったのですが、
2年前より『毎日新聞』紙上で特集が組まれ、
当時の新聞記事など様々な文献に基づき、詳細な報告がなされるようになりました。
http://machigoto.jp/news/detail/?art_id=2853
(↑「マチゴト・豊中池田ニュース」にバックナンバーあり)

合わせて小林一三記念館では、
かねてより所蔵していた運動場の設計図面を初公開するなど、
豊中運動場に関する情報を提供してまいりました。
おかげさまで多くの方に豊中運動場のことを知っていただき、
もっと詳しく知りたいという声も届くようになりました。

そんな方に朗報です!
8月29日(土)『毎日新聞』で豊中運動場の連載を担当されている松本泉さんの講演会を開催します!

タイトルは「小林一三が夢見たスポーツ文化」。
豊中運動場を中心に、その後の宝塚運動場や西宮球場まで視野に入れたお話の予定と伺っております。
宝塚運動場は、日本初のプロ野球チームを引き継いで誕生した宝塚運動協会の本拠地で、阪急ブレーブスの初代本拠地でもありました。

豊中運動場と大正時代のスポーツ文化について、
松本さんより詳しい人を私(=担当学芸員)は知りません!
会場は逸翁美術館の中にあるマグノリアホールです。
小林一三記念館からは駅に向かって徒歩2分ほど。
このチャンスをどうぞお聞き逃しなく!

(Y)

井上芳雄スペシャルトークショー抽選会!!

今をときめくミュージカルスター 井上芳雄さん!
現在、東京の帝国劇場で上演中の『エリザベート』では、
黄泉の帝王トート閣下を熱演中です。
その芳雄さんが、9月4日にマグノリアホールでスペシャルトークショーをしてくださいます。

2015.9.4-1

これは、現在池田文庫で開催中の展示
「小林一三ワールド 夢ひらく東宝」のイベントで、
東宝ミュージカルのスターといえば芳雄さん!ということで、
是非是非お話を伺いたいと企画していました。

一方、財団ではNHKドラマ「経世済民の男 小林一三」の制作に、
資料を提供するなど、少しお手伝いをさせていただいてたのですが、
配役が発表されるまで、あの方か?この方か?とスタッフで妄想大会をしていました。

そして、俳優さんのお名前が出てビックリ!!!
なんと井上芳雄さんが、小林一三翁の長男冨佐雄さん役だったのです!
そしてナレーションも。こんな偶然が起こるなんて!!

ミュージカルも、ストレートプレイも、コンサートも、映像のお仕事も・・・
そしてプライベートにまで踏み込んじゃいましょうか?!

そのあたりは、おなじみの聞き手 朝峰ひかりの踏ん張りどころです。
どこまで聴き出せるでしょうか、乞うご期待!

ところで、トークショーのご参加は・・・
マグノリアホールはとてもこぢんまりしたホールなので、
ご参加いただくのは、往復ハガキによる抽選とさせていただきました。

そしてご応募いただいたのが913通!
たくさんのご応募ありがとうございました。

皆さまの熱い思いに公平に対応すべく、先日、厳正なる抽選会を行いました。
まずお一人目を引くのに、神妙な面持ちで、抽選箱に手を伸ばしているのは、
阪急文化財団の館長伊井(左)と、局長山内(右)の両人。

ドラムロール

引き当てた後はにこやかに!

引き当てました!

こうして抽選を続け、幸運なお客さまを決定させていただきました。

2名でのご参加希望の方が多かったので、当選ハガキの数にするとわずか84通分。
倍率なんと約11倍です!!!
残念ながらご希望に添えなかった皆さま申し訳ありません。

返信ハガキの準備が出来次第発送させていただきます。
今しばらくお待ちください。

※ 当落についてのお問合せはご容赦くださいますようお願いいたします。

(T)

宝塚歌劇観劇会の秘蔵写真公開?!

暑中お見舞い申し上げます。
酷暑の中、外出する気にもなれない・・・とおっしゃる方々に、
すっかり時が経ってしまったのですが、
過日開催しました宝塚歌劇観劇会の様子をご紹介します。

今年の1回目は7月12日、宝塚歌劇宙組公演 三井住友VISAカードシアター
グランド・ロマンス『王家に捧ぐ歌』―オペラ「アイーダ」より― でした。

まず「宝塚歌劇の殿堂」で、常設展と第四回企画展「海外公演展」を鑑賞した後は、
宝塚大劇場の3Fエスプリホールで和洋折衷の特製ランチ。

昼食・和洋折衷特製ランチ

昼食・菫のジェラート

菫のジェラートとコーヒーを召し上がっていただいている頃には、
朝峰ひかりのトークコーナーが始まりました。

王家に捧ぐ歌観劇会会場風景

阪急文化財団のイベントにご参加いただいた方々には、すっかりおなじみの顔ですね。
歌って踊れるマグノリアホール支配人です。

『王家に捧ぐ歌』のチェックポイントを見逃さないようにナビゲート。
意外な見所は、さすがに出演した人でなければわからないことです。

あっそうそう、申し遅れましたが、朝峰は12年前の初演、星組公演で女官役をつとめた元タカラジェンヌです。
そして、あの「スゴッ、スゴッ」「ツヨッ、ツヨッ」と、
独特の女官ダンスを一緒に踊った先輩、しのぶ紫さんが、観劇会にご参加くださっていました。

独特の・・・といっても『王家に捧ぐ歌』をご覧になった方にしかわからないですね。
とてもインパクトのある歌とダンスの場面です。
トークコーナーが終わり、皆さまが劇場へ移動されるときに、
しのぶ紫&朝峰ひかりの女官ダンスポーズで撮影をしました。
秘蔵写真をここで御披露目です!

「女官のポーズを!」とリクエストすると、二人の手足、つま先、全ての角度がピタッと合いました。
何ショットか撮ったのですが、ポーズ決めるたびにすべてピタッと合っています。

すごっすごっ
(すごっすごっのポーズ)

つよっつよっ
(つよっつよっのポーズ)

会場には鏡もなければ、お二人とも12年間毎日踊り続けていたわけでもありません。
さすが!
まだエスプリホールに残っておられた方から思わず拍手が起こりました!

真っ黒コーディネートのしのぶさんと、真っ白コーディネートの朝峰が対称的で、なかなかおもしろいショットです。

お金と力があれば
(お金と力があればのポーズ)

その後、宙組の王家、ゆっくり堪能させていただきました。
女官たちの「スゴッ、スゴッ」が始まると釘付けになったことは言うまでもありません。

今年の2回目の観劇会は1月に文楽を予定しています。乞うご期待!

(T)