美術館ブログ

ブログメニュー

『阪急文化研究年報』第4号刊行

『阪急文化研究年報』第4号を刊行しました。

昨年度(2014年度)の事業報告のほか、
学芸員らの日々の調査・研究の成果が掲載されています。

「調査・研究」は資料や作品の「保存」「展示」を支える、
美術館・博物館の根幹的な活動でもあります。

目次は以下の通りです。

■論文「樫野南陽の「南一会」始末記 -小林一三による画家への支援組織について-」(伊井春樹)

■論文「小林一三の目指した文化ネットワークとその意義(三)
         -百貨店に作られた茶室「福寿荘」と文化圏構想-」(宮井肖佳)

■論文「豊中グラウンドの誕生とその意義」(正木喜勝)

■資料紹介「連載(五) 逸翁美術館蔵「芦葉会記」(昭和二十年)」(竹田梨紗)

本誌は池田文庫で閲覧できます。
また、大学図書館や公共図書館で所蔵されているところもあります。
詳しくは各蔵書検索をご利用いただくか、お近くの図書館でお尋ねください。

(学芸員Y)

梅の花

土日の暖かさから一転して寒い日が戻ってきましたね。
これだけ寒暖の差があると体調管理がとても大変です。
インフルエンザやノロウイルスなども流行しているようですし、
どうぞ皆さま、健康管理にはお気を付けください。

財団の書庫の裏にある梅の木が、いつの間にか花を付けていました。

DSC_0134
DSC_0140

まだまだ満開とはいきませんが、側に寄ると梅花の香りがして、
心が洗われるようでした。

元々、梅は日本にはない花で、奈良時代に遣唐使が中国より持ち帰ってきたものと言われています。
現在では、花見と言えば「桜」ですが、当初は「梅」を指していました。
『万葉集』には樹木を詠んだ歌の中では「梅」が191首と最も多いのです。
  

「春されば まづ咲くやどの 梅の花 ひとり見つつや 春日暮らさむ」
意味:春になるとまず咲く梅の花。私一人で見て春の日を過ごすことなど出来ようか。
  
  
この歌は奈良時代の歌人山上憶良の詠んだ歌です。
春の訪れを「梅」で感じていることがわかりますよね。

春は確実にそこまで来ています。

(学芸員A)
————————————————————

只今は早春展
「歌舞伎絵看板展 ~文明開化の音がする~」を3月6日(日)まで開催中です。
是非お越しください♪

2月20日講演会「明治の歌舞伎と散切物の風俗」

いよいよ来週に迫りました講演会のご案内です。

逸翁美術館2016早春展
「歌舞伎絵看板展 -文明開化の音がする-」
の関連イベントとして2月20日(土)2時より、

「明治の歌舞伎と散切物の風俗」

と題した講演会を開催します。

講師は明治大学の神山彰先生です。

先生は歌舞伎はもちろん近代日本演劇の専門家で、
演劇史を問い直す数々のご著書を出されています。

現在展示中の絵看板に描かれている新しい歌舞伎
(=散切物)について研究されているのはもちろん、
実際の散切物の上演にも携わっていらっしゃいます。

講演会はちょっと…と二の足を踏む方も
いらっしゃるかもしれません。でも大丈夫です!

歯切れの良い(歯に衣着せない?)トークが先生の魅力の一つです。
おもしろくてためになる、展示品が2倍も3倍も味わえる
お話が伺えるものと、私も楽しみにしている一人なのです。

ぜひ、お気軽に、お立ち寄りください!

お席は当日10時から先着順で承ります。
展覧会のチケットで、無料でお聴きいただけます。
(「阪急文化財団友の会」の方は事前予約受付中です)

(学芸員Y)

節分

明日2月3日は節分ですね。
節分は立春の前日にあたりますから、寒さの底の日とも言われています。
実際には、まだまだ寒い日が来たりするのでしょうが、
暦の上では春はもうすぐそこになるというわけです。

節分といえば太巻きを食べる習慣は、
私が物心ついた頃からの風習でしたから(※30数年前)
どこのお家でもそうなんだろうと思っていたのですが、
実は大阪周辺だけを中心としたものだったようですね。

最近では全国的にも認知度があがったのか、
テレビのCMでも「恵方巻」として紹介されていますね。
最近の首都圏などでの調査では、豆まきをした人よりも数が増えたらしく、
すっかり定着してきたようです。

そのため、お寿司だけではなく、形状が似ているとのことで、
ロールケーキを丸かじりするなども行われているとか。
巻き寿司の種類も豊富になっていますから、どれを食べるか悩むところですね。

みなさんは、どんな恵方巻を食べますか?

————————————————–

ただいまは、「歌舞伎絵看板」展を3月6日まで開催中です。
是非お越しください♪

(学芸員A)

逸翁白梅茶会を終えて

今週の月曜日25日に無事に平成28年逸翁白梅茶会を終えることが出来ました。
とても寒い中、小林一三記念館までお越しいただきまして、
誠にありがとうございました。
ご参加いただいた皆さまにお楽しみ頂けていればこれ以上、嬉しいことはありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまりの寒さに厚い氷が張っていました。
今朝出勤しながら、月曜とは明らかに違う暖かさを感じ、
(冬なのですから暖かいわけではないのですが)
「なぜ、この暖かさが月曜日じゃなかったんだろう・・」
と考えてしまうくらいの寒さでしたね。
ここ数年は比較的暖かい日が多かったので、この寒さはなかなか強敵で、
カイロで体をサンドイッチして乗り切りました。

西日本一帯が大寒波に見舞われたこともあり、
高速バスが動かずにご来館出来ない方などもいらっしゃいました。
天候に関しては自然のことですから仕方が無いこととはいえ、
せっかくお申し込み頂いていた方には残念なことになってしまいました。
次回またご参加いただければ幸いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あの寒い中でも梅の花がほころびはじめていました。
春は確実に近くなってきていますね。

(学芸員A)

最強寒波到来

今週末の西日本は大荒れのお天気になるようですね・・。
日曜日の最高気温などを見ると、悲鳴が出そうになります。

大雪への警戒はもとより、道路の凍結などの恐れもあります。
充分に注意してこの週末を迎えるようにしてくださいね。

そんな週末ですが、逸翁美術館の展示
「歌舞伎絵看板展 ~文明開化の音がする~」は開催して2週目の週末を迎えます。

「ウオーリーをさがせ」みたいで楽しい!
そんなお声をいただきました。
確かに細部まで見ると思いがけない気付きがあったりでとても楽しいです。
江戸時代の風俗と文明開化後の風俗が合わさって、なんとも言えない魅力になっています。

また、1月25日は「逸翁白梅茶会」です。
ありがたい事に、定員に達しましたので、申込みは締め切らせていただいております。
月曜日も寒いようです。
お茶会にご参加の皆さまはどうぞ充分に温かい服装でお越しください。

美術館は通常月曜日は休館日ですが、
1月25日はお茶会のため開館します。
そのため、翌日26日は臨時休館とさせていただきますので、ご注意ください!

(学芸員A)

歌舞伎絵看板展の開幕まであと7日!

16日から開催する予定の早春展「歌舞伎絵看板展 -文明開化の音がする-」
の開幕まで、早いものであと1週間になりました。

・・・・現在展示室内は準備で大わらわです。

展示室内は、いつもと違う賑やかでお祭のような雰囲気になっています!
歌舞伎絵看板の中には、様々な「文明開化」の姿が描かれています。
じっくり見てみると、山高帽をかぶった人がいたり、
革靴やこうもり傘、懐中時計などを発見することが出来るはずです。
西洋の文化が流れこんでくるハイカラな時代が描かれた絵看板は必見です。

絵看板「弁天娘毒婦小説」明治28年(1895)1月 大阪 中劇場            絵看板「弁天娘毒婦小説」明治28年(1895)1月 大阪 中劇場

 

現小林一三記念館で美術館として開館していた時代には、
過去に何度か池田文庫所蔵の役者絵展を開催したことがあるのですが、
現在の場所に移ってからは初めてになります。

いつもと違う逸翁美術館の展示をお楽しみに!
では作業に行ってきます!

(学芸員A)

謹賀新年

3835

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申上げます。

平成28年(2016)が始まりましたね。
今年の干支は「猿」とのことで、
画像は森狙仙という江戸時代後期の画家の描いた「雪中燈籠猿図」です。

今年はどんな一年になるのでしょうか。
皆さまにとって、よい一年になりますように。

********************************

新年の展示は1月16日(土)から、「歌舞伎絵看板展~文明開化の音がする~」を開催します。
お楽しみに!

「金銅仏きらきらし」展に出ています!

先週、秋季展「秀吉の時代」が無事終わりました。
お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。

さて現在、逸翁美術館の収蔵品3点が、
大阪大学総合学術博物館で開催中の
「金銅仏きらきらし いにしえの技法にせまる」展
に出品されています。

金銅仏42点の展示のほか、制作技法の紹介や、
「蛍光X線分析」による成分分析をまとめた図録もあり、
この分析方法が金銅仏研究等に与える意義や課題も
知ることができる、とても充実した展覧会でした。

2015年12月22日まで開催とのことですので、
ぜひ足を運んでみてくださいね。

ちなみに場所は、逸翁美術館からわずか3kmほどで、
おとなりの阪急石橋駅が最寄り駅です。
小林一三記念館や池田文庫とのハシゴも可能です♪

ワニ

写真は博物館エントランスの壁をはう、マチカネワニ。
他の常設展も見どころ満載です。

(学芸員Y)

ホンモノの秀吉が見られるのも後4日

ただいま開催中の「秀吉の時代 ―桃山美術の光と影―」展は、
残すところ後4日となりました。

展覧会は10月から開始したのにあっという間に12月、師走です。
ほんと時間がたつのは早いですね。
そろそろ年賀状を用意したり、大掃除をしたり、
新しい年を迎える準備をじわじわとする時期です。

師走という落着かない時期ではありますが、
現在展示中の重要文化財「豊臣秀吉画稿」のホンモノを見ることが出来るのも後4日しかありません。
この機会を逃すと、次に見ることが出来るのは・・・

はっきりとはわかりません!
展覧会は13日の午後4時30分までご入館いただけ、午後5時までご覧頂けます。
是非、この機会に、お見逃し無くご覧ください!

(学芸員A)