阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

館外展示のお知らせ<大阪市立美術館>

現在大阪市立美術館において開催中の展覧会

「大阪市立美術館開館八十周年記念公益社団法人日本書芸院創立七十周年記念

王羲之から空海へ 日中の名筆 漢字とかなの競演」(詳細はこちら)

に、当館の収蔵品4点が展示されています。

3801_02
3848-2
0004
0011

重要文化財「継色紙 あまつかぜ」 伝小野道風筆

重要文化財「谷水帖」

「関戸本古今和歌集」 伝藤原俊成筆

「香紙切麗華集」 伝小大君筆

以上の4作品です。

ご紹介が遅かったので、「香紙切麗華集」は既に展示が終っていましたが、「継色紙」と「関戸本」は明日1日まで、「谷水帖」は5月8日まで展示されているようです。

ぜひ当館の展覧会とあわせてお出かけください♪

(学芸員A)

館外展示のお知らせ<大阪歴史博物館>

本日4月29日(金)より、大阪歴史博物館において開催される、

大阪歴史博物館 15周年特別展

「近代大阪職人図鑑 -ものづくりのものづくり-」

展において、当館の収蔵品も6点展示されます。

A1129_01
4233
1387_01

この展覧会は近代大阪において時代の荒波にもまれながらも、様々な作品を残した大阪の職人を採り上げています。小林一三は同時代に生きたこれら職人たちを後援し、様々な好みものなどを作らせて、茶会で用いたりしていました。

右端の写真、ぱっとみると小さな土器の様に見えると思いますが、実はこれ土器ではありません。正体については実際に展示している作品をよーーーーーく見ていただければわかると思います。

4220_01
A1045_01
1327_01

私も先日一足お先に拝見してきましたが、

当館の展示室では見れない表情を見せてくれていましたので、嬉しかったです。

特に、亀香合は実物をよーく見ると、なんとも言えない愛らしさです。

ぜひ、当館の展覧会と合わせてお出かけください♪

 

(学芸員A)

梅田でチェック!

運が良ければ見れるかもしれない春夏展のサイネージ広告が現在梅田の各所で放映されています。

・阪急電車2階・3階改札出てすぐの柱

・阪急電車2階改札口を出てJRへの乗り換え通路

・阪急百貨店前

・阪急電車2階改札口から出て、1階コンコース付近

 

ここに春夏展「茶碗抄 -茶碗を楽しむ10の法則―」のサイネージ広告が出ています。

 

こんな感じですね♪

DSC_0040

このショットを抑えるために、ちょっと不審者状態になりながら待つこと数分、すぐに見ることができたところから15分経っても全然映ってくれないところまでありました(笑)

財団職員もほとんどみたことがないという広告ですが、もし目についた時には少しだけ足を止めて見ていただけたら嬉しいです。

(学芸員A)

新しいHPが公開されました!

本日から新しいHPが公開されました。

(ところどころ至らないページがあるかもしれませんが、徐々に整えていく予定です。)

 

前のHPと違うのは、スマートフォンなどでの表示にも対応していることです。

あわせてTwitterやFacebookなども始める予定です!

展覧会やコンサート情報などのそれぞれのページにTwitterやFacebookのシェアボタンも用意しております。

気に入った情報があれば是非シェアしていただければ嬉しいです!

これからもよろしくお願いします!

(学芸員A)

八重桜が満開に・・

阪急文化財団のバス駐車場は、逸翁美術館と池田文庫の敷地の斜め下辺りにあるのですが、

そこの一角に植わっている八重桜が満開になっていました。

DSC_0050

また、側に咲いているツツジも身頃になってきていました。

DSC_0051

とても美しく咲いています。

是非お出かけがけらご覧ください。

ただいまは、「茶碗抄 ―茶碗を楽しむ10の法則―」の前編を開催中です。

お気に入りの一碗を見つけに足をお運びください。

熊本地震

この度、平成28年4月14日、16日に発生いたしました(2016年)熊本地震で亡くなられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復旧を祈念申上げます。

白梅館をリニューアルしました

小林一三記念館には展示をしている施設が2つあり、
それぞれ、小林一三の旧邸である「雅俗山荘」と後に建てられた別館である「白梅館」です。

雅俗山荘の2階展示も先だってリニューアルしましたが、
このたび白梅館の内部もリニューアルしましたのでご紹介します。

こちらがリニューアル前の様子です。

DSC_7812

こちらが今回のリニューアル後

Hisilicon K3
Hisilicon K3

かなり印象が変わったのではないでしょうか。

Hisilicon K3

私も昨日しみじみと見てきましたが、宝塚新温泉の全景図や箕面動物園の園内図など、細かいところを見ていくと本当に楽しいです。
是非、美術館と合わせてお越しくださいね。

美術館の展示、「茶碗抄 ―茶碗を楽しむ10の法則―」の前編は6月5日(日)までです。
(後編は6月11日~8月7日までです)

(学芸員A)

春夏展「茶碗抄 -茶碗を楽しむ10の法則-」開幕しました!

20160225104504-0001

本日9日から春夏展「茶碗抄 -茶碗を楽しむ10の法則-」が開幕しました。
この展示は8月9日まで開催しますが、期間が長いので前編と後編の2回に分けています。

いつもとちょっと違うのは、この展示が前編と後編で全部展示品を入れ替えることです!
前編で出た茶碗は1つたりとも後編にはでません。

しかも、項目がそれぞれ全然違うので、前編で出たジャンルは後編では見ることが出来ないのです。
ですから、今回の展覧会は是非とも2回見て頂きたい、そんな展示になっています。

前編をご覧いただいた際にお渡しする入館チケットを忘れずに後編で持参いただくと、
100円割引もあってお得ですので、是非両方ともお見逃しなく!

前編でご覧いただけるのは、
・唐物茶碗(赤絵・染付以外)
・高麗茶碗
・志野・黄瀬戸・瀬戸黒・織部の美濃焼
・黒樂
・京焼
・茶人の手造茶碗
以上となっています。

是非、あなたのお気に入りの一碗を探しに来てみて下さい!

ここのところの暖かさで逸翁美術館と池田文庫の桜も一気に華開きました。
今日はお昼ご飯を毎年の特等席である、
職員しか入れない場所で食べてきましたよー!

DSC_0006

毎年、ここの桜はとてもいい枝振りで咲いてくれています。
バスポートがある辺りから少し左斜め上の方を見ていただけると、
ちらっと見えている桜です。

DSC_0010

スマホで撮影してもこの綺麗さですから、
本当はもっと多くの人に見ていただけたら桜も喜んでくれると思うのですが・・。

桜の命は短いのでしばらくは昼休みはこの桜の前で食べることになりそうです。

さて、展覧会の準備の方もいよいよ大詰めになってきました。
昨日展示室内の造作をしてもらいまして、来週から本格的に作品を飾り始めます!
オープンまであと1週間!(早いっ・・)
準備がんばります!

(学芸員A)

マグノリアの花が咲きました

桜の花だよりが届く今日この頃、
逸翁美術館の玄関で皆さまをお出迎えする
マグノリアの木にも花が咲きました。

IMG_6901

IMG_6897

美術館内のホール名にも冠されているこの「マグノリア」。
宝塚歌劇『風と共に去りぬ』の劇中歌としても有名です。
♪君はマグノリアの花の如く♪ですね。
同作第一部の名前にもなっています。

宝塚では、1937(昭和12)年にその名も『マグノリア』と
題したレビューも上演されています。

美術館へお越し頂く際は、是非このマグノリアも愛でてくださいね。
2016春夏展「茶碗抄 茶碗を楽しむ10の法則」は4月9日(土)から。
それまで咲いているといいのですが…

(学芸員Y)