阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

綿業会館見学

IMG_wimv76

11月4日(金)は朝に「旧乾邸」、夕方からは「綿業会館」の見学に行ってきました。「綿業会館」は、「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2016」に参加させていただきました。

応募者多数だったらしく、当選できて本当によかったです!

この「綿業会館」を設計したのは、渡邊節氏です。そう、旧乾邸と同じ設計者の方になります。個人用に作った建物と、公的な意味合いの強い建物、同じ設計者でも違った風情になっていてとても楽しかったです。

DSC_0325
DSC_0358

とても重厚な作りで重々しい雰囲気でした。中央の銅像はこの会館を建てるために多額の寄付をされたという、東洋紡績専務取締役・岡常夫氏です。

この綿業会館は外向きには質実剛健なオフィスビルという感じですが、一歩中に入るととても豪華です。各国の来賓の方をおもてなしすることもあり、部屋ごとに装飾のティストを変えているのも見所です。

DSC_0329
DSC_0347

ここでどんな話がされていたんでしょうか。当時に思いをはせながら見学させていただきました。また綿業会館は、昨年NHKのドラマ「経世済民の男 小林一三」のロケ地になっていたので、あの場面で使われていたなぁと思いながら懐かしく見ていました。

16-11-06-13-16-55-143_deco
16-11-06-13-15-55-856_deco
DSC_0333

また、3階のお部屋では一三翁の芳名帳も確認できました。見つけた瞬間ニヤニヤしてしまったのは内緒です(笑)

 

DSC_0346

一三翁の上の方にそうそうたる方々の名前が見えますね。

「天てらす 二百十日も 無事なりき」ですね。

二百十日とは、立春を基準として数える雑節の一つで、だいたい九月一日頃になります。この日は台風が来て天候があれやすいとされていて、そのため「無事」という言葉が使われたのでしょう。実際、一三翁の日記にも九月一日は無事好天気との記述が見られることがあります。

日にちが・・・・・昭和甲辰九月一日と読めるのですが、昭和の甲辰だと亡くなってから後の昭和39年になってしまうので、辰年は合っていて十干を勘違いされてたんでしょうか・・。

ともかくも、一三翁も来られていたことが実感として伝わりとてもうれしかったです。

 

(学芸員A)

旧乾邸見学会~逸翁も訪れた茶室「不鬼庵」の面影を訪ねて~

DSC_0315

11月4日(金)に、神戸市の東灘区にある「旧乾邸」の見学会に参加してきました。旧乾邸は、阪急神戸線「御影駅」から徒歩10~15分くらいのところにある、とても素敵な洋館です。

この洋館を設計したのは渡邊節氏です。渡邊氏が設計した建物は、他には「旧大阪ビルヂング」「旧日本勧業銀行本店」「綿業会館」などがあります。阪神間モダニズムの建物としても知られており、一度見学してみたかっらので、特別公開に申し込んでみました。

それというのも、この旧乾邸の持ち主であった「乾豊彦氏」と一三翁は事業面だけでなく、茶友としても交流があったからです。乾豊彦氏は若くして乾汽船の社長になった人物です。

名古屋の高橋家から乾家に婿養子に入ったのですが、幼少期から書道、茶道、能楽などに親しんでいた文化人であったことから、一三翁を始めとする財界人との付き合いも活発にされていたのでしょう。

DSC_0281
DSC_0309
DSC_0272

惜しげもなく財をつぎ込んで建てられたというこの旧乾邸は、細かいディティールにもこだわって作られていて、アイアン装飾が本当に精緻でした。

DSC_0297
DSC_0299
DSC_0308
DSC_0289
DSC_0277

雅俗山荘にも共通するこの時代特有の華やかさと重厚さがとても素敵な建物でした。案内してくださった方は地元の方のようで、とてもお詳しかったです。一三翁もこのあたりを実際に歩かれたのかな、と思いながら当時の雰囲気を楽しみました。(実際に洋館に入られたかはわかりませんが)

各部屋に取り付けてあったというインターフォンは写真の様に使用人室で集約して見ることができるようになっています。これでどこの部屋でボタンが押されたのかすぐにわかるわけですね。

さて、一三翁が訪れた茶室「不鬼庵」ですが、残念ながら現存していません。今は写真の通り、茶室の跡があるだけなのです。

DSC_0320
DSC_0321
DSC_0312

一三翁が『大乗茶道記』にも収載されている昭和22年11月7日「乾山荘不鬼庵新席開き」に詳しく書かれています。

洋館はこの時GHQに接収されていたため、洋館横に建てられていた和館と茶室で持て成されたようです。写真の黒いビニールで囲われている部分に和館が建てられていたとか。

一三翁はこう書いています。

「寄付に通る路地の石段に打水の風情、苔蒸す四辺の風景は数十年の星霜を過ぎしと思うばかり。いとも古りたる数棟の数寄屋普請、寄付、腰掛、手洗所など外壁に沿うて巧みに配置され僅かに五六十坪の地域をお茶室に、広間に、苦心の甲斐あって茶境の別天地、お若い御主人の手腕只驚入るばかり、即ち茫然として寄付の前に立ち遠州公「閑」の一字額を見上げて佇むのみ」

今はない建物の様子がよく伝わってきますよね。1枚目の写真の左横奥に裏門があったので、その辺りから作り込んだそうです。

この時の茶会の内容も実によかったと見え、一三翁は大満足で帰路についた様子がわかります。

阪神大震災にも耐えた旧乾邸。これからも素敵な姿を維持していってくださることを願います。

(学芸員A)

IKEDA文化DAY 文化探訪ラリー

11月3日から6日まで池田市内では「池田文化DAY 文化探訪ラリー」が開催されます。

 

このイベントは今年でなんと第27回目。

市内各所に設定されたチェックポイントを巡り、各地で行われるイベントなどに無料で参加することができます。スタート地点はチェックポイントのどの場所からでもいいので、気軽に参加できます。

全部のチェックポイントで参加シールをゲットすれば、もれなく参加賞がもらえますし、抽選でステキなプレゼントが当たるチャンスもあります。

11月3日~6日はぜひ池田に訪れて文化に触れてみませんか?

詳しくはこちらから

(PDFファイルが開きます⇒http://www.azaleanet.or.jp/chirahi.pdf?platform=hootsuite

 

当館も参加しておりますので、ラリー参加者の方は現在開催中の秋季展「近現代絵画サロン 情熱と想像のコンチェルト」を無料でご覧いただけます。

この機会にぜひご来館ください。

 

(学芸員A)

館外展示のお知らせ<出雲文化伝承館>

kennzanntatutagawa
oribeyohou
kisetodorabati

10月15日(土)より島根県出雲にある出雲市文化伝承館において開催される「茶のうつわ 向付と鉢」展に当館の収蔵品が出品されています。

出品しているのは、

・尾形乾山作 「龍田川文向付」

・黄瀬戸梅花文鉦鉢

・織部四方蓋物

の3点です。


向付は茶字で最初に出される”うつわ”で、終わりまで膳にあって亭主が最も心入れする道具の一つです。その種類は唐物から和物まで多岐にわたり、また形や図柄など楽しみの多い器です。

一方、鉢は焼き物、強肴、香物などを盛り、窯種も多岐におよび形も手鉢、平鉢、蓋付きなど多種多彩です。

茶事の料理の”うつわ”として洗練され、また数寄者たちが愛玩し大切に伝えてきた向こう付けと鉢を紹介して、茶の湯の奥深さと楽しさの一端にふれていただきます。またあわせて茶箱、茶籠の優品を展示します。


という展覧会のようです!

おりしも10月は他の地方では「神無月」ですが、出雲では「神在月」。

出雲大社詣でと一緒に出雲文化伝承館まで足を運んでみてはいかがでしょうか。茶室など見所充分ですよ。

11月27日までとなっておりますので秋の島根観光も楽しいですよ!

 

(学芸員A)

2016年度友の会観劇会Ver.2【永楽館歌舞伎ツアー】11月9日(水) 追加募集中!

輝虎

以前にもお伝えしましたが、この秋の観劇会は、出石の「永楽館歌舞伎ツアー」です。
人気の片岡愛之助丈の奮闘公演、ただいま追加募集中です!

只今ハッピーオーラあふれる片岡愛之助丈の座頭公演。この永楽館では毎年初役に挑戦されます。
今年は、松嶋屋さんにとって大切な演目『信州川中島合戦(しんしゅうかわなかじまがっせん)』より「輝虎配膳(てるとらはいぜん)」。
長尾輝虎(上杉謙信)が、武田信玄の軍師山本勘助を味方に取ろうと、勘助の母越路と妻お勝を招き、自ら料理を運んでもてなすのですが、その計略を見抜いた老母越路がお膳を足蹴に・・・(~続きは舞台で~)
とても歌舞伎らしい(当然ですが・・・)お芝居です。

さて、愛之助丈は、現在、新橋演舞場の十月花形歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」でも座頭として大活躍です。
永楽館の古典に対して、こちらはフラメンコを踊る石川五右衛門って・・・。
この斬新な作品を手掛けられたのは水口一夫先生。
永楽館の2つめの演目は、その水口先生が、曾我廼家五郎の喜劇作品を歌舞伎にされた「春重四海波(はるをかさねてしかいなみ)です。

ちなみに、曾我廼家五郎は、最初、中村珊之助という歌舞伎役者でした。
池田文庫でも、五郎の資料をまとめて所蔵していますので、2007年に「曾我廼家五郎の喜劇展」を開催しました。

そして、もう一つ忘れてはならない、永楽館名物「お目見得口上」。
個人的には中村壱太郎丈の「ゆるキャラ大合唱」が大好きです。
意味不明だと思いますが、これは永楽館歌舞伎ならではの異色の口上です。
今年は幸せ満載の愛之助丈がターゲットになるのでしょうか???

片岡愛之助丈、中村壱太郎丈、そして水口一夫先生、かつて阪急文化財団のイベントにご登場いただいた皆さまです。(いつもお世話になっております。)


近畿最古の芝居小屋で、バラエティに富んだ演目、この機会をお見逃しなく!


愛之助丈のサイン入り番付(プログラム)があたるかも?!

お申込み方法はこちらから

 

(学芸員T)

 

秋夜擣衣図

秋夜擣衣図

この図は、呉春筆「秋夜擣衣図」です。部分アップも載せておきますね。

茅屋の家の前で、1人の女性が月下のもと、砧を打っています。砧を打つ仕事は古来より女性の夜なべ仕事であり、灯火の節約や家人の邪魔にならないように月明かりの下、家の外で砧を打ちました。

砧は俳句では秋の季語であり、秋の夜長にもの悲しさを助長する音として捉えられています。冴えた月明かりの下、無声の絵画から砧を打つ音がきこえてくるようです。

この頃では砧を打つ音を聴くことも少なくなりましたね。

秋夜擣衣図

砧の音がYouTubeに上がっていたので参考までに・・。これは宮古上布の仕上げの砧打ちとなっているので少し趣きが違いますが、槌で布を打つ音はこういった音になります。

秋の夜長に聞くとまた違う風情があるのでしょうね。

 

 

(学芸員A)

館外展示のお知らせ <茶道資料館>

京都にある「茶道資料館」において9月22日から開催されている、平成28年秋季特別展「私の一碗」に当館所蔵の茶碗を出品しています。

出品しているのは、「五彩蓮華文呼継茶碗 逸翁銘・家光公」です。

iemitu

この展覧会は、代々受け継がれてきた大切な茶碗や、自ら作陶したお気に入りの茶碗など、自分にとってかけがえのない一碗を六十数名の方々が出品し、その茶碗の魅力や茶碗との出会い、心に残るエピソード等、出品者からの紹介文とともに展観されるそうです。

出品者は、個人所蔵家や、お茶人、千家十職、各美術館などさまざま。

 

どのような「それぞれの想い」が見れるのが楽しみですね。

 

館外展示のお知らせ<佐川美術館>

佐川美術館において10月1日(土)から開催される「三藏法師展 ―薬師寺の宝物とともに―」に、池田文庫の収蔵品が出品されています。

三藏法師展に何が??と思われるかもしれませんが、展示しているのはこちらの作品になります。

通俗西遊記

この作品は、周延画 大判錦絵三枚続 明治11年(1878)9月 市村座「通俗西遊記(つうぞくさいゆうき)」です。

描かれている人(ばけもの)は、右から

土蜘ノ精 初世市川女寅

三蔵法師 初世中村時蔵

孫悟空 市川権十郎

猪八戒 四世関三十郎

となっています。

薬師寺の宝物と一緒にならぶ役者絵って新鮮ですよね。この機会にぜひご覧ください。

 

ちなみに、この役者絵は2017早春展「化粧 KEWAI ―舞台の顔―」(仮)に出品する予定になっています。

こちらもお楽しみに!

 

(学芸員A)

平成29年 逸翁白梅茶会申込みについて

P1250012-300x225
P1250028-2-300x225

毎年1度、小林一三の命日である1月25日に開催している「逸翁白梅茶会」。

平成29年1月25日(水)に通例通りに開催いたします。それに伴い、

10月1日(土)より

先着順にて申込みを受付ます。定員になり次第申込みを締め切ります。

 

実施日:  平成29年1月25日(水)  於:小林一三記念館「人我亭」 (雨天決行)

料金:  1名 1,000円(美術館へ入館されるお客様は美術館入館料を500円に割引)

担当:  裏千家 佐藤宗紀(そうき) 社中

 

逸翁美術館の所蔵品を使ってのお茶会はこの機会だけです。お気軽に参加いただける茶会ですので、ぜひお申し込みください♪

 

申込み方法は以下の方法のいずれでも受付可能です。


・往復ハガキの場合 

〒563-0058 大阪府池田市栄本町12-27

阪急文化財団 「逸翁白梅茶会係」 宛

 (※復信の宛先は必ず記入しておいてください)

・FAXの場合   

Fax 072-751-2427 

「逸翁白梅茶会係」 宛

・メールの場合  

Mail  itsuo-itsuoki@hankyu-group.jp

タイトルに「逸翁白梅茶会申込み」と入れてください。

・HPの場合

お問合せフォームから

お問合せ項目は「その他」にしてください。


いずれの場合も、

申込者の氏名、住所、電話番号(FAXでの返信を希望する場合は必ずFAX番号)、同伴者がいる場合の人数とその氏名

上記項目を必ずお書き添えください。

また、お電話での受付は一切お受けできません。

逸翁美術館、小林一三記念館の受付に設置してある申込用紙を使用していただくことも可能です。

 

 

予約票の返信は、

12月1日から5日の間に、

お申し込み頂いた方法にて返信いたします。

この期日を過ぎても返信がない場合は必ずお問合せ下さい。

予約票の返信が受け取れない場合は、当日ご参加いただけませんのでご注意ください。

 

<注意事項>

お申し込み受付段階ではこちらからの返信は一切いたしませんのでご注意ください。(返信は12月1日から12月5日の間に順次行います)

・メールやお問合せフォームからお申し込みの際は、必ずパソコンからのメールを受け取れる様にご設定いただくか、「hankyu-group.jp」のドメイン指定を解除してお申し込み下さい。こちらからの返信が受け取れない場合はご参加いただけませんのでご注意ください。

 

 

不明な点につきましては、お気軽にお問合せください。

皆様のお申し込みをお待ちしております。

 

(学芸員A)

友の会2016秋の見学旅行「逸翁交流の軌跡を辿る ~津・桑名編~」実施報告

CsgsvPXVIAA7E3T
Csg79QyVIAEynYO

17日(土)は2016友の会秋の見学旅行「逸翁交流の軌跡を辿る ~津・桑名編~」を実施いたしました。

台風が近づいて来ていたため、天候の行方が心配されましたが、基本的にはほぼ全行程で雨に遭うこともなく無事終ることができて、ほっとしております。(高速道路をバスで走行中に一度ゲリラ豪雨のような雨に巻き込まれましたが)

まず、出発は朝の7時30分!この時点で三連休初日であったこと、また事故などもあり当初の予定ルートが混んでいましたので、運転手さんの判断により急きょ運行ルートを変更。結果大正解で、無事に予定通りの時間に1番目の目的地の石水博物館さんに到着しました。

石水博物館は一三翁とも茶友であった川喜田半泥子縁の博物館です。そこで現在開催中の展覧会「三重の先賢たち―士清・宣長・武四郎・・・近世から近代まで―」とその他に川喜田半泥子の作品を学芸員の龍泉寺さんにご説明いただきました。

その後再びバスにて今度は桑名を目指し、桑名と言えば・・焼き蛤で有名ですので、せっかく桑名に来たんだからと焼き蛤をいただきました。

昼ご飯を終えた後は、桑名市博物館さんにて「特別展 村正展」を学芸員の杉本さんの解説付きで観覧。昨今の刀剣ブームもあってたくさんのお客様が来られている中でのお話しに少し恐縮ですが、あまり普段刀剣を見る機会のない方にはとても為になるお話しだったと思います。

そして、最後の目的地「六華苑」へ。一三翁が若い銀行員時代に、銀行を訪れた初代諸戸清六氏から当地の名産である蛤のしぐれ煮の缶詰をもらっていたというエピソードを持つ館は、雅俗山荘とはまた違う和洋折衷の趣きでとても素敵でした。

少し遠出の見学旅行になってしまいましたが、事故なく無事に終えることができました。ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした。

また来年も友の会では見学旅行を企画いたします。ぜひ、友の会にご入会いただき、一緒に旅行を始め、様々なイベントを楽しんでいただけたら幸いです♪

来年はどこに行きましょうかね‹‹\(´ω` )/››~♪

 

(学芸員A)