阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

芭蕉・蕪村展

昨日から、春季展「芭蕉・蕪村 -人と書と絵-」展が開催しております。

芭蕉と蕪村という2人の偉大な芸術家に注目し、

それぞれがいかなる芸術を生み出して、私たちに残していったのかを、

その書や絵画を鑑賞しつつ、人間としての魅力を探る展覧会です。

また、このたびは、「大人も子供も楽しむ」ということに主眼をおいていますので、

ぜひ、子どもさんとご一緒に展示をお楽しみいただければな、と思っています。

 

5月1日には、池田市内の中学2年生を対象にした、「俳句コンテスト」を実施します。

池田の芭蕉は、誰に決定するのでしょうか?

また、優秀作品100句は、5月1日のコンテスト日より5月5日まで、

館内にあるマグノリアホールにて掲出されますので、

ぜひ、若い発想で生み出された名句たちをご覧にいらしてください。

 

 

この「芭蕉・蕪村」展は、6月27日まで。

途中に1度展示替えを挟みます。

前期が5月23日まで、後期が5月25日から6月27日までです。

展示替えで一部の作品が入れ替わりますので、ぜひ、どちらもご覧ください!

サロンコンサート

めずらしくも、早めの更新です。

みなさんは、毎月3回館内にあるマグノリアホールで行われている、

「マグノリア・サロンコンサート」をご存じですか?

「大阪フィルハーモニー交響楽団」・「関西フィルハーモニー管弦楽団」・「ハーベスト・コンサーツ」から、

演奏者をお招きして開催されているコンサートです。

土曜や日曜日の昼下がりに、優雅にクラッシックを楽しめますよ。

しかも、このサロンコンサート、チケットが1枚1000円というお安さ。

これなら、今までクラッシックというだけで敬遠気味だったとしても、

スタートしてみるにもお手頃なお値段ですよね。

直近のサロンコンサートは、来週末の10日の14時から開催!

この日は、大阪フィルハーモニー交響楽団より、

トランペットの篠﨑 孝さんと、チューバの川浪 浩一さんによるサロンコンサートです。

池田近辺の桜の木を楽しみがてら、土曜日の昼下がりにクラッシック観賞はいかがですか?

年度末

2010033115000000

 

本日は年度末ですね。

桜が咲き始めたと思ったら、真冬並みの寒さが続いていたので、

桜の様子はどうかな、と心配していたのですが、

今日、旧館の方に用事があったので調度見れました。

これは正門のところにある桜の木なのですが、

ここはとっても日当たりがいいので、いつも他の場所より早めに咲きます。

ここで、そうですね、5分咲きくらいでしょうか。

本当はお庭にある茶室「費隠」の裏の桜の木は満開に近いのですが、

今は「小林一三記念館」のオープンに向けて急ピッチで工事が進んでいるところなので、

お庭の方には回れませんでした。残念。

庭にもたくさん桜の木があるのですが、記念館の開館は22日なので、

皆様に見ていただくこともできませんね。

もし、それまでにお庭に入れそうならせっかくなので写真におさめてきますね。

せっかく綺麗に咲いた桜も、見てくれる人がいないと可哀そうですものね。

 

美術館の春季展「芭蕉・蕪村 -人と書と絵-」は4月17日(土)から、

記念館の開館は4月22日(木)からです。

もう少しお待ちください!

東風吹かば

2010022614590000

梅にまつわる歌といえば真っ先に私が思い出すのは、

 

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな   菅原道真

                         

ですが、みなさんはいかがですか?

この歌は初出の『拾遺和歌集』では「春を忘るな」なのですが、後に「春なわすれそ」と変化しています。

どちらかというと、「春なわすれそ」の方が一般的になってきているのでしょうか。

私にとっては「春を忘るな」の方がなじみが深いのですが。

 

「梅」といえば、『万葉集』のころは、「花」といえば「梅」を指していたくらいでしたが、

『古今和歌集』の頃になると、「花」といえば「桜」を指すようになります。

奈良時代から平安時代に移り変わる際に、何らかの変化があったのでしょうね。

 

写真の梅の花は、もともと美術館のあった、雅俗山荘内で咲いていた白梅です。

最近の暖かさでようやく見ごろを迎えました。

今は「小林一三記念館」開館に向けての工事中ですので、

見に訪れる者といえば、工事の方々か私たちくらいなもの。

せっかく綺麗に咲いているのに、少し梅の木に申しわけない気がします。

記念館のオープンまでには散ってしまうでしょうけれど、

来年はきっとまた多くの皆様に見ていただけるのではないかな、

そうだったらいいな、と思っています。

謹賀新年

2010年になりました。

皆様、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

逸翁美術館は本日より仕事始めです。

世間一般的には昨日からというところが多かったのでしょうね。

ただいまは、16日から開催する早春展の準備をしているところです。

今月は25日に逸翁忌茶会もありますので、美術館としても行事の多い月ですが、

よりよいものをご覧いただけるよう、がんばりますので、どうぞお楽しみに。

 

皆様にとってよい1年となりますように。

年末

早いもので、もう28日ですね。

今年も暮れようとしています。

皆様は、この年の瀬のあわただしい時期、いかがおすごしでしょうか?

 

思えば、2009年は本当に色々あった1年でした。

移転するための引越し作業が佳境になり、

真夏の暑い時期に美術品の引越しを汗だくになりながら完了させ、

10月には新館をオープンさせ、開館記念展を取り行うなど、

初めてのことばかりで色々と大変でした。

おかげさまで、美術品たちも無事引越しし、

また開館記念展も無事開催することができ、多くの方々にご覧いただけて、

とても嬉しく思っています。

 

年明けの展示は16日からです。

この展覧会では、2年ぶりに呉春筆の重文「白梅図屏風」を展示します。

またその他にも円山四条派の絵画も展示しますので、

どうぞ、また新しい年にご来館いだければと思います。

 

今年の漢字は確か「変」だったでしょうか。

ここ数年あまりいいイメージのない漢字が続いていますが、

来年こそ、「喜」や「幸」など、よい漢字で表わされる1年になりますように。

では、みなさま、よいお年を。

旅行カバン

早いものでもう師走ですね。

1か月以上も更新を怠っていました。

(いらっしゃらないかもしれませんが)楽しみにしていただいていた方、申しわけありません。

開館記念特別展も無事に終了し、ただいまは、次回早春展の準備に奮闘中です。

美術館は、休館中だと暇なんじゃない?そう私も友人に言われることがありますが、

とんでもないですね。むしろ休館中の方が忙しいんですよ、これほんとに

今日は旧館の中の整理に行っていたのですが、面白いものがありました。

 

2009120814400000

 

タイトルの「旅行カバン」です。

誰のものかといいますと、もちろん・・・・

 

2009120814440000

 

見えにくいですが・・・「Mr Ichizo Kobayashi」とあるので、

逸翁さんが実際に使われていたカバンでした。

逸翁さんは何度も海外に行かれてますから、このカバンも文字通り海を渡ったんでしょうね。

当時は何日もかけての船旅ですし。

カバンには行った先のステッカーのようなものが貼り付けてあって、

 

2009120814410000

2009120814400001

 

このような形ですね。

よーく見てみると、「ベルリン」やら「ハンブルグ」などの文字が見えますね。

ということは、昭和10年の12月ごろに中欧周辺を訪れておられるので、この時に貼られたものでしょうか。

試しに持ち上げてみたら、大きさの割にはすごく重かったです。

これらの一部は、来年春開館予定の「小林一三記念館」でも展示される予定です。お楽しみに!

ルチアーノ・パヴァロッティを偲ぶ

25日の日曜日に、マグノリアホールにおいて、ソプラノ歌手河村さと子さんによる、

Satoko Kawamura Soprano Recital「世紀のテノール ルチアーノ・パヴァロッティを偲ぶ」

が開催されました。

ルチアーノ・パヴァロッティは世界の三大テノールと称された偉大な歌手ですね。

有名なのは、2006年のトリノオリンピックの開会式で『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」を歌われましたね。

トリノでトゥーランドットといえば、荒川静香さんを思い出される方も多いのでしょうか。

私もこの「誰も寝てはならぬ」という歌は大好きなので、

曲目に入っていたので、仕事の合間にそっと聞きに行ってみると、

ソプラノとテノールという違いは大きいですが、

あの勇壮な曲調はかわらず、とても素敵な歌声でした。

なんでも河村さんは、パヴァロッティの大ファンであられたそうで、

会場にはこんなかわいらしいパヴァロッティがいましたよ。

P1480509 001

 

そっくりですよね。

 

 

※ホールは貸出もおこなっています。詳しくは、「お問い合わせ」からご質問ください。

金木犀

こんばんは。

すっかり日が落ちるのが早くなりましたね。

まさに「秋の日は釣瓶落とし」ですね。

今日は用事があったので、旧館の方に行ってきたのですが、

旧館にも秋の気配をあちらこちらに感じることができました。

もっとも、新館には旧館のような広い庭園がありませんから、

旧館の方がより秋を感じることができるのは当たり前かもしれませんね。

今が盛りだったのは、こちら。

 

2009102010350001

 

「金木犀」ですね。

これは駐車場のところに植わっている木ですが、

とてもいい香りが辺りに漂っていました。

今、旧館は開いていないので、私たちだけが独り占めするのはもったいないし、

金木犀の木も美しい姿を多くの人に見てもらいたいでしょうから載せてみました。

写真から金木犀の香りが届けばもっといいのですが。

本日は秋の便りをお届けしました。

10月17日講演会を開催しました

昨日の17日は、開館して初めての講演会でした。

講演をお願いしましたのは、林原美術館館長、熊倉功夫先生です。

演題は「近代数寄者としての小林一三」。

私たちにとっても大変勉強になるお話をお聞きすることができました。

また、講演会終了後は、熊倉先生が編集された、

『近代数寄者の名茶会 三十選』をご購入の方を対象にサイン会を行いました。

サインを頂かれた皆さま、思い思いに、ご自身の名前や、

先生のお言葉などを書き添えていただいておられましたよ。

 

2009101815040000

 

このような感じですね。

この本は、帯によると「数寄風流を復興した伝説のリーダーたちの名茶会」を取り上げたもので、

逸翁の茶会もご紹介いただいております。

一度、手にとって御覧になられてはいかがでしょうか。

 

次回の講演会は11月21日(土)午後2時より、

武庫川女子大学名誉教授・森川惠昭先生による、

「好み道具よりみた逸翁の茶風」という演題で開催いたします。

午後1時より座席券を配布いたしますので、ご注意ください。

ご入館いただいた方は無料で聴講していただけます。