美術館ブログ

ブログメニュー

友の会講座 開催!

本日(6月19日)「友の会講座」を開催しました。
テーマは「源氏物語の花」で、館長伊井春樹がお届けしました。
多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました!

次回の講座は以下のとおり予定しています。

日時 2015年7月24日(金)14:00~
場所 逸翁美術館マグノリアホール
演題 「源氏物語の遊び」
講師 伊井春樹(阪急文化財団館長)

阪急文化財団友の会では会員の皆様を対象に、様々なイベントを開催しています。
友の会講座は年4回開催しております(無料)。

「会員ではないけれど聴いてみたい」という方は、
この機会にぜひ阪急文化財団友の会入会をご検討ください!

——————————————————-

(Y)

乙女文楽 吉田光華さん登場!

ブログ乙女文楽

マグノリアホールでは、5月9日(土)に吉田光華さんの「乙女文楽」公演があります!
ところで「乙女文楽」をご存知でしょうか?
「文楽」は、一体のお人形を、頭(かしら)と右手、左手、足と男性の人形遣いさんが三人がかりで操られます。

それに対して、「乙女文楽」は一人の女性が一体のお人形を操ります。
写真で光華さんの頭とお人形の頭が繋がっているのが見えますね。
お人形の足は、光華さんの膝に繋がっていますので、人形遣いの動きがダイレクトに反映するわけです。
光華さんは幼い頃から日本舞踊を極めておられる方ですので、まさにお人形と一体となり、たおやかな舞が繰り広げられます。
三人遣いの文楽とは違った楽しみ方ができますよ!

そして、光華さんの乙女文楽は、義太夫はもちろん、長唄、地歌、現代邦楽、新内、そして西洋音楽!
果てしなく広いジャンルの「音」とのコラボレーションです。

和と洋の融合、これはまさに小林一三が創った宝塚歌劇と同じです。
さて、マグノリアホールではどんな「音」で舞ってくださるのでしょう???
解説もありますので、この機会に乙女文楽の魅力をぜひ体感してください!!

(T)

「料理を楽しむ ~再現!逸翁の茶懐石~」第1弾「洋懐石」

このたび、春季展「器を楽しむ~逸翁の茶懐石~」に因んだイベント、
「料理を楽しむ ~再現!逸翁の茶懐石~」の第1弾イベントとして洋懐石の部が終了しました。

会場はこのたびのイベントに、とてもお世話になっている「宝塚ホテル」様です。

今回お借りした場所は東館5階のゴールドの間でしたが、
お部屋のすぐ横にチャペルがあるフロアで、
エレベーターを降りてすぐのフロアの床に
「実は隠しハートがあるんですよ!」と教えてもらって合間に探してみましたが、
5つあるうち、4つしかみつかりませんでした・・・
見付けたら幸せになれるそうなんですけど、なんとも悲しい結果に(笑)

そんなことは置いておいて、
まず料理を食べて頂く前に、この度の展覧会の担当学芸員より、
逸翁の茶懐石がどのようなものだったのか、逸翁と洋食との関わりや、
宝塚ホテルの歴史や戦中に考案された「宝米」などのお話しをさせて頂きました。

また、続きまして今回お料理を再現頂きました、
宝塚ホテル総料理長の北浦様に、本日のメニューについてと、
実際に「宝米」を再現された際のご苦労話についてお話しいただいた後にいよいよお食事です。

宝米はじゃがいもを原料にして作られたものなので「米」ではないのですが、
再現するのが非常に手がかかるものなんです。
北浦総料理長に言われるまで、宝米を再現していただく発想がなかったので勿体ないことをしました。

また今度宝塚ホテルで再現されるそうですので、その際には是非召上がってみてください。
私も機会があれば是非食べてみたいな、と思っています。

食事前の風景はこんな感じです。

2015-04-25-10-57-09_photo

(参加者の皆さまのお顔がわからないようにぼかし処理をしています)

メニューです。

IMG_3324

お料理はこのような感じです。

コンソメスープ

IMG_0286

彩サラダ
 
IMG_3330

ドレッシングに工夫していただいたとのこと。

メインの国産牛ミニステーキと鯛のフライ

IMG_0289

通常は和食で使用する器に盛り合わせて頂きました。
和と洋のコラボが素敵ですよね。

デザートのオペラ
IMG_3335

お皿に宝塚ホテルの外観の絵があるのがわかりますか?
実はこれチョコレートで書いてあるんです♪

デザートにお飲み物がついていました。
逸翁のメニューでは本来デザートはフルーツポンチだったのですが、
その際は食事の後にお茶があったので軽めの設定だったものを、
今回のイベントでは食事のみでしたので、少しボリュームを大事にしていただいたそうです。

どれも美味しそうですよね。
お食事の後には、参加者の皆さまから集めた質問を北浦様や、担当学芸員が答えるコーナーも行いました。

私のつたない司会で申訳なかったですが、
北浦様のお話しもとても面白く、
お見送りの際に参加者の皆さまから「面白かったです」「美味しかったです」との感想を頂き、ほっと一安心しております。

6月にはまた和懐石の再現イベントがありますので、
そちらも成功に向けて頑張りたいと思っています!

(A)

----------------
春季展「器を愉しむ~逸翁の茶懐石~」は現在好評開催中です
~6月7日(日)まで

コンピュータライズ・カッティング・マシーン!

今日は展示に関するエトセトラをちょっとご紹介♪

小林一三記念館や池田文庫では、
ポスターや写真を展示することがありますが、
通常これらのものは「額」に入れて展示します。

で、額装のマストアイテムがこれ、マットです!

Exif_JPEG_PICTURE

厚めの紙なのですが、これをくりぬいて「窓」をつくります。

Exif_JPEG_PICTURE

この時、作品に影が映らないよう、45度の角度で切り抜きます。
ちょっと見にくいかもしれませんが…

Exif_JPEG_PICTURE

そして、ガラスと作品の間に入れて、完成です。

マットの役割はいろいろあります。

1)作品を固定する
2)作品にガラスが直接触れないようにする
3)見栄えを良くする

など…展示の脇役ですが、実に働き者です。

で、この45度に切り抜くのが難しいのですが、
世の中には「マットカッター」というものがあって、
これでスパーッと切ることができます!

あらかじめ45度の角度で刃がついているものを定規にあてがって、
スイーッとスライドさせるだけ。コツをつかめばキレイに切れます。

しかしサイズが大きければ大きいほど難しくなります。
そんな時はこれ、Computerized Cutting Machineです!!

ブログ4

パソコンに数値を入力すると自動的にカットしてくれる
とってもありがたいマシーンなんです!

実はこのマシーン、財団所有のものではありませんでして、
先日お世話になった「昌和ガクブチ」さんのものです。

マシーンのすごさに感動して、思わず撮影させていただきました。
おそらくこれは、イタリアのVALIANI製と思われます。

キーボードをパパンとたたいてクリックするだけ、
あっっっという間に、めっちゃキレイに切ってくれます。

皆さんも、お家に額に入れて飾ってあるものはありませんか?
もしマットが入ってなければ、是非試してみてください♪

(Y)

NHKドラマ「小林一三 〜夢とそろばん〜」情報第3弾

NHKドラマ「小林一三 〜夢とそろばん〜」出演者の続報です。

小林一三の三男「米三」を演じるのは、中山義紘さんです。
http://ameblo.jp/patch-west/entry-12009536887.html

中山さんは、期待の若手俳優さんで、
朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』にも出演されていました。
ふ久と結婚した野球少年「諸岡」役ですね。

ABC「おはよう朝日 土曜日です」のレポーターもされています。

どんなふうに演じられるのか、楽しみですね!

(Y)

「小林一三と野球」展スタート!

早速ですがクイズです。
小林一三が入っているのは次のどれでしょう?

(1)宝塚歌劇の殿堂
(2)ロックの殿堂
(3)野球の殿堂

正解は……

(1)と(3)です!
(1)は創始者ですから言うまでもありませんが、
(3)は「意外」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

というわけで、小林一三記念館では「小林一三と野球」展を開催中です。
小林一三が球界の発展に果たした役割を、所蔵資料とパネル展でご紹介します。

‘æ10‰ñ-ˆêŽO‹L”OŠÙ-B2-0228

主役は、阪急沿線にあった豊中運動場・宝塚運動場・西宮球場の3つの球場です。
今はもうありませんが、かつてそこにはファンの歓声が響き渡っていました。

豊中では、最初の高校野球全国大会が誕生(1915年)し、
宝塚では、草創期のプロ野球チームが活躍(1924~29年)し、
西宮はご存知、阪急ブレーブス(1936~1988年)の拠点でした。

野球はスポーツであり、エンターテインメントです。
観衆に取り囲まれた球場は、さながら大劇場のようです。

試合展開を形容する言葉に「ドラマティック」「劇的」等が
しばしば用いられるのも、そのことを物語っているようです。

沿線で野球事業を展開したのは、
娯楽や文化を愛し、大衆に提供し続けた小林一三だからこそ、
なのかもしれません。

小林一三記念館では、2011年にも野球展を開催しましたが、
今回は展示スペースを倍増し、歴史編とビジュアル編に分けて、
それぞれじっくりとご覧いただけるよう構成しました。

歴史編はパネル展で、上記3球場の誕生に焦点を当てます。
とくに豊中運動場については、初公開資料も含めて、
最新の調査の成果をご覧いただけます。

ビジュアル編では、戦前の貴重なプロ野球ポスターや、
懐かしのブレーブスグッズなどを展示しております。
(資料保護のため、会期中2度展示替えを行います)

小林一三の事業全体を紹介する常設展もございますので、
合わせてお楽しみいただければ幸いです。

(Y)

狸発見!

今日は池田文庫の書庫の前でひなたぼっこする狸を発見しました。

ちょっとぼけてますが、狸が2匹いるのがわかりますか?
双子なのか兄弟なのか、はたまた親子か・・・

2015040914000000.jpg

きっと山から下りてきたんでしょうね。
そういえば、昔、今は記念館となっていますが、
逸翁美術館として使用していた当時にも、
ちょっとヨレヨレになった狸が迷い込んできたのを思い出しました。

なんてほのぼのニュースをお届けしていますが、
実はただいまは、明後日から始まる展示の準備でかなりばたばたしているところです!

なんとか形になってきているので、11日に無事に皆さまにお目にかけられそうです。
美術館・記念館とも展覧会は11日からです。
美術館は、春季展「器を楽しむ -逸翁の茶懐石-」
記念館は、第14回特集展示「小林一三と野球」
となっておりますので、お楽しみに!

(A)

お花見♪

今日は本当にいいお天気なので、お昼ご飯を食べがてらお花見をしてきました。

この桜は外から見た桜ですが、抜けるような青空がとても綺麗ですよね。
携帯のカメラでもこれだけの青が撮れると嬉しくなります。

2015-04-02-10-21-03_photo

2015-04-02-10-21-32_photo

いつもは建物の裏にある、下のバスポート側から見るとギリギリ見える桜を見るのですが、
今日はちょうど使っていないとのことで、茶室の広間からお花見をしていました。
お茶室の窓から見る桜の木もとても立派で、明日から天気が悪くなってしまうかもしれないとのことで、
散りゆく前の桜の花を堪能していました。

2015-04-02-12-10-02_photo

そうすると普段のお弁当も、いつもよりも美味しく感じるから不思議なものですね。
明日からの雨でどれだけ残ってくれるかなぁと名残惜しいですね。

淡交社 逸翁美術館茶会

昨日26日と今日27日は淡交会のお茶会でした。

人我亭で薄茶席、即庵の方には濃茶の道具だけを飾って、
当財団の学芸員がご説明させていただきました。

久しぶりに即庵に座りますと、
やはり美術館内の茶室即心庵にはない解放感が心地よかったです。
庭先の椿は今が盛りでしたし、桜ももうすぐ咲きそうです。

2015-03-26-10-36-50_photo

椿に鳥がやってきて花をついばんでいました。
ガラス扉越しだったのでちょっと写真がぼやけてますが、わかりますか?
何の鳥でしょうね。

即庵での飾り付けはこのようにしました。

2015-03-26-10-31-08_photo

手にとって見ていただくことは出来ませんが、
通常ガラスケース越しで見ていただくよりは、身近に感じていただけるのではないでしょうか。

もう春は本当にすぐそこまで来ていますね。

(A)

春の便り

ようやく春めいてきたと思っていたら、この数日間は冬に戻ったような気候ですね。
すっかりスプリングコートを着るようになっていたので本当に寒く感じます。

そんな中、ここ数日の暖かさで美術館や池田文庫に植わっている桜も少しずつほころんできました。
小林一三記念館の庭の桜や、池田文庫の茶室の横の桜など、
特に、道路にせり出すように咲いている最も大きな桜の木は、
本当に見事に桜の花が咲くので、今から満開になるのが楽しみです。

LINEcamera_share_2015-03-24-09-09-12

この桜の枝ですが、実は大きな車が池田文庫の塀の側を通った時にあたってしまったのか、
大きく折れてしまった枝です。

せっかく咲きそうだったので美術館にもってきて花瓶に生けていたところ、
無事に蕾がほころんで、一足先に事務所に春の便りを届けてくれました。

------------------------------------

美術館の春の展覧会は、
4月11日(土)から「器を楽しむ -逸翁の茶懐石-」として開催いたします。
記念館の第14回特集展示は、
4月11日(土)から「小林一三と野球 -高校野球100周年記念-」として開催いたします。

(A)