阪急文化財団ブログ

ブログメニュー

展示室でコンサート♪

こんにちは。

またまた久しぶりの更新になってしまいました。すみません。

今日はちょっとお知らせです。

来年の早春展は、新春1月14日(土)から開催します。

タイトルはずばり、2012早春展「呉春の俳画と写生画 -特別公開 重文「白梅図屏風」-」。

およそ、2年ぶりになる、呉春の代表作にして、

当館を代表する収蔵品の一つでもある、呉春の「白梅図屏風」が登場です。

そこで、この展覧会に関するイベントとして、

2月4日「筑前琵琶 上原まり幽幻の調べ -白梅図屏風とともに-」を開催します!

そう、タイトルにもあります通り、このコンサートは逸翁美術館の展示室内で行います。

呉春の白梅図屏風の前で、上原まりさんに筑前琵琶を演奏していただきます。

展示室内でのコンサートは、当館としても初めての試みです。

展示室内を使いますので、

コンサートは2月4日(土)18時開演になります。

描かれている様と同じ様に、夜の闇の中に浮かび上がる白梅図屏風とともに、

上原まりさんの奏でる妙なる音色に酔いしれてみませんか?

チケット料金は2800円(全席自由)

お申込み方法は、ファックスもしくはメール・往復はがきにて受付けします。

ご氏名・ご住所・お電話番号(FAX番号)・公演日時・必要枚数をご明記の上、

FAX  072-751-2427

E-mail  itsuo-magnoliahall@hankyu-group.jp

往復はがき  563-0058 池田市栄本町12-27

逸翁美術館「上原まり幽幻の調べ」係

まで、お申込みください。

このコンサートについての詳しい内容はここをクリック

二度とないチャンスです。お聞き逃しなく!

今年の更新は恐らく(多分絶対)今日が最後になるかと思います。

2011年は未曾有の大災害があったいたましい年でありました。

来年は、明るい年になりますように。

皆様、よいお年をお迎えください。

ギャラリートーク開催しました vol.2

この会期2回目のギャラリートークが本日、終りました。

こんな感じの風景です。

 

2011.11.19 039

あいにくの雨模様(土砂降りでした)が、

20人弱のお客様がいらしゃって下さいました。

ありがとうございます。

 

前期の酒呑童子の鬼退治と違い、

稚児物語という、なかなか馴染みのない物語でしたので、

展示していない巻に何が書かれているかなどを中心にお話させていただきました。

熱心に聞いてくださって、ありがとうございました。

 

この「絵巻 -大江山酒呑童子・芦引絵の世界―」は、

12月4日までです。

会期終了が近づいてきておりますので、

お忘れなく、ご来館くださいませ♪

「阪急文化財団 秋の見学旅行」開催報告

10月8日(土)に、阪急文化財団の主催する「秋の見学旅行」に行ってきました。

まずは、

masaki

大阪府泉北郡忠岡町にある「正木美術館」にお邪魔しました。

高橋範子副館長にご案内いただき、

開催中の「墨痕 -託された想い-」にまつわるお話を頂きました。

とてもわかりやすいお話に、皆様、感激されていました。

次は、こちらの、

negoroji

根来寺で昼食をとり、主任研究員の中川委紀子さんにご案内いただきました。

根来寺の由来や仏像のお話などを分かりやすくお話いただきました。

そして、世界遺産でもある、

niutuhime

丹生都比売神社です。

熊野との関係について、神主の方からご説明いただきました。

日本人の元々もっている信仰心のお話や、

個人的には、パワースポットの本に載った時のお話が面白かったです。

(なんでも神社にあるトイレが載ったとのこと)

最後に「めっけもん広場」で柿やぶどう、梨、野菜などの地場産の農作物の買い物をしました。

 

ちょっと4か所まわったので、タイムスケジュール的に厳しかったのは反省点です。

ただ、概ね参加頂いた皆様にも好評だったこの旅行ですが、

今後も年に1度くらいは実施していきたいと考えています。

こういったイベントは、阪急文化財団 友の会の会員の皆さまに優先的にご案内しております。

この機会にぜひ、友の会にご入会ください☆

2011秋季展ギャラリートーク1回目

ついさっき、この秋季展第1回目のギャラリートークを終えました。

微妙な天気の中、お集まりいただいた皆様に感謝です!

 

2011.10.22

 

トーク中風景です。

・・・私は埋もれてて見えません(笑)

 

ここは、当館所蔵の「大江山絵詞」下巻の、

酒呑童子が首を斬られる場面の前ですね。

壁に貼ってあるのは、写真パネルです。

当館の「大江山絵詞」とサントリー美術館さんの「酒伝童子絵」、

両絵巻の同じ場面の描かれ方の違いや、

お話の違いなどを、説明させていただきました。

楽しんでいただけていればいいのですが。

 

次回は11月19日(土)午後2時からです。

今度は後期期間中なので、「芦引絵」と徳川美術館さん蔵の「青蓮院稚児草紙」が展示されています。

「鬼退治」から「稚児物語」へ。

かなり雰囲気の違う展示室になるんじゃないか、と思っています。

「稚児物語」はなかなかトークするのが難しい題材ですけどね。

少しでも楽しんでいただけるように、原稿用意しておきます!

=========================

「大江山絵詞」と「酒伝童子絵」が見れるのは、明日23日(日)まで!

25日からは、後期展示になりますよ。

詳しくはこちらから →「絵巻 -大江山酒呑童子・芦引絵の世界-

10月1日(土)狂言の集い -狂言と絵巻のたのしみ方ー開催しました

本日は、2011秋季展「絵巻 -大江山酒呑童子・芦引絵-」に因んだイベントとして、

能楽師大蔵流狂言方の茂山良暢さんをお迎えし、

「狂言の集い -狂言と絵巻のたのしみ方-」を開催しました。

img-X04115654-0001

今回は、初めて狂言に触れ合う方にもより楽しんでいただくために、

まずは狂言とはどんなものなのか、ということをご説明いただきました。

実際に何枚もの肩衣をご持参いただき、ご披露いただきました。

 

また、休憩時間中にはこのような形で

 

 IMG_2996013

 様々な模様の肩衣を身近に拝見する機会を設けて下さいました。

今日のお客様は、とても貴重な機会になりましたね。

 

 さて、本日の演目は、「伯母ヶ酒(おばがさけ)」です。

今日はただいまの展覧会でも前期展示中にあたるため、

酒呑童子という「鬼」を退治する絵巻が展示中です。

そこで、特に「鬼」が出て来る演目をお願いいたしました。

 

「伯母ヶ酒」というお話は、酒好きの太郎が、

お酒を販売している伯母に「鬼」の面をかぶって脅かしてお酒を飲もうというお話です。

 IMG_3000017

 

かなり写真が暗くてすみません・・。

演じられている最中にフラッシュたくわけにもいかず・・。

雰囲気だけでも伝われば。

 

とても楽しい舞台でした。

なにぶん、狭いホールですし、舞台も絨毯張りですので、

動きにくいのではないかなぁと思ったのですが、

そこは流石プロの方ですね。

 

美術館で狂言を見る機会はなかなかないですし、

今後もご協力いただいて、続けていければと思います。

体験お茶会

今日は細河中学の生徒さんと先生に

池田文庫の方にあるお茶室「古彩庵」にて、

お茶会体験をしてもらいました。

 

まず、寄付から広間に通ってもらって、

このような形でお道具を見つつ、

どのように使うのか、などを簡単に先生にお話いただきました。

           0807-1

その後は、ちゃんと正式な茶会の通りに、

0807-3

蹲踞で手を清めて、にじり口から入ってもらいました。

お茶室の中でも、先生たちにどうやって頂くのかや、

実際に自分でもお抹茶をたててもらうなど、

普段なかなか体験できないこともしていただきましたよ☆

ちなみに、飲んでいただいたお茶碗や花入、水指などは館蔵の美術品を使いました。

美術品でお茶を飲むというのも中々ない機会ですよね♪

終始なごやかな雰囲気で、生徒さんにも楽しんでいただけたのかな?と思っています。

 

また、この様な催しが実施できればと思っています。

 

まだまだ夏の暑い日は続きます!

熱中症に気をつけつつ、頑張りましょう!

 

夏の展覧会「銘のある茶道具 -逸翁流、銘の楽しみ方-」は14日(日)までですよ!

まだの方はお急ぎください♪

夏季展開催中!

お久し振りです!

2ヶ月以上も更新が絶えて・・・・・いました。すみません。

 

というわけで、暑いですね。ほんとうに。

毎日猛暑日・・・・。どれだけ暑いのかって感じですね。

熱中症に注意云々というニュースを見るたびに、

私が学生だったころは、ここまで暑くなかった気がすると思ってしまいます。

今年は時節柄節電も大切です。

ですが、行きすぎた節電によって熱中症などになったら大変ですから、

その辺りは上手に折り合いをつけて言ってくださいね。

 

 

で、現在開催中の夏季展「銘のある茶道具 -逸翁流、銘の楽しみ方―」

久し振りのお茶道具中心の展覧会です。

お茶道具、とりわけ茶碗・茶入・茶杓には、「銘」を持つお道具がたくさん存在します。

「銘」は人間でいうところの「名前」ですね。

 

中には何個も「銘」を持っている作品もあります。

これは何故か?どうして、そんな「銘」がついたのか?

そういったところをご覧いただければと思っています。

 

お茶道具ですので、堅苦しく考える方もいらっしゃいますが、

「どうしてこんな名前がついてるのかな?」とか、

「自分だったらどんな名前にするかな?」など、

そんなことを考えながら、気楽なお気持ちでご覧いただければと思います。

当館までは、坂道もあるしで暑い中大変ですが、

展示室内は快適ですので、どうぞお越しくださいね。

 

夏季展「銘のある茶道具 -逸翁流、銘の楽しみ方―」開催中

ギャラリートークを開催しました

本日、ギャラリートークを開催いたしました♪

はじまるまでは、聴講の方がいらっしゃるか若干不安でしたけれど・・

はじまってみると、こんなにたくさんの人々が。

 

IMG_1921009hp

 

おかげさまで盛況でした。

みなさん、熱心に聞いていただきましたので、

こちらも楽しんでお話することができました。

つたない説明でしたが、少しでも展示の助けとなっていれば嬉しいです。

次回は5月28日(土)同じく午後2時から開催します。

よろしければ、足をお運びくださいませ。

 

◆(開催中)~6月12日まで 「与謝野晶子と小林一三

  ※会期中に展示替えがあります。

朗読コンサート、いよいよ明日開催!

明日、23日の午後2時から、いよいよ、朗読コンサートが開催されます!

春季展「与謝野晶子と小林一三」にちなみ、

晶子の生涯の中で、特に印象的な事柄と、

それについて詠んだ和歌を朗読していただきます。

 

朗読者は、宝塚歌劇団 専科の 「邦 なつき」さんです。

邦さんは、演技力に優れていらっしゃるので、

私もどんな風に晶子の和歌を朗読していただけるのか、

今からドキドキしています。

 

チケットは、23日当日午後1時から当日券も販売します!

晶子も愛した宝塚歌劇。

この機会に、晶子の和歌を朗読で楽しんでみませんか?

秘密の場所に咲く桜

 

 

sakura0407

 

このたび、財団法人逸翁美術館と財団法人阪急学園池田文庫は合併し、

新たに「財団法人 阪急文化財団」として生まれ変わりました。

合併することで、小林一三翁が抱いておりました構想を

さらに実現すべく努力いたしたく存じます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

で、表題の「秘密の場所」ですが、

この桜、両施設の裏側に咲いている桜なんですね。

丁度建物から見えない位置にあって、

あまりというか、ほぼ一般の方には見ていただけない桜が、

そろそろ満開に近づいてきました。

せっかく今日はいいお天気ですから、

皆様に見て頂こうと、撮影してきました。

iPhoneからですが、なかなか綺麗ですよね。

大阪の桜はそろそろ身頃を迎え、今週末くらいがピークでしょうか。

 

◆~6/12開催中 春季展「与謝野晶子と小林一三